2012年04月27日

2012年4月読了その7(年間21)「沢木道楽堂怪奇録」

沢木道楽堂怪奇録―はじまりのひとり (メディアワークス文庫)
寺本 耕也
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 147019


元気がとりえの女子校生と、霊が見える何でも屋の、だらしない男。
そんな二人の怪奇な毎日。

短編集でした。
「囁き」は、ごめんなさい、気持ち悪い。悲しくて悲しくて、気持ち悪い。
「はじまりの一人」は怖い。結局どうなったのかは置いといて、怖い。
「霊に魂の不在を説く」これはまぁ、コメディっぽくて面白かったかな。特に、霊の男が・・・^^;
「ある天使たちの思い出に」これはとても綺麗な話でした。綺麗で哀しくて。これが一番良かった。

話は面白いのだけれど、私にとってはキャラクターが今ひとつ感情移入できない。
雪穂がなんだか可愛くなくて、沢木も今ひとつ・・・。
雪穂が致命的で、読んでて腹が立ってくるんですよね>< 何でか。
もうちょっと彼女が可愛ければ、続編が出たら読もうかなぁという気になるのだけれど・・・。
(*_ _)人ゴメンナサイ
posted by みずる at 22:26| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

2012年4月読了その6(年間20)「天山の巫女ソニン 巨山外伝」

天山の巫女ソニン 巨山外伝 予言の娘
菅野 雪虫
講談社
売り上げランキング: 364240


北の巨山で王女として生まれ育ったイェラ。ソニンと出会うまでの、イェラを描いた外伝。

実は、イェラ王女好きです。
本編では語られることのなかった、彼女の生い立ち。関わってきた人々。
決して幸せとは言えない彼女。だからこそ、強く、大きく。
三国にしろ、それぞれの王族にしろ、とても深くしっかりと設定されているというのが良くわかります。
行き当たりばったりで書かれているのではなくて、
多分、ほかの登場人物に関しても一人1冊くらい書けるんじゃないかというくらい、
考えられているのだろうな。
ひとつの世界が、きっちり出来上がっているのでしょう。
素晴らしい。とても良く練られています。
児童書と侮ってはいけません。児童書はいろんな成約があって、
書くのはとっても難しいのだし。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーYA・児童書・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

2012年4月読了その5(年間19)「高原のフーダニット」

高原のフーダニット
高原のフーダニット
posted with amazlet at 12.07.15
有栖川 有栖
徳間書店
売り上げランキング: 69432


火村&アリスシリーズ、中編集。

うーんと。
もちろん、面白かったのだけれどもな。
表題作が中でも。確かに、フーダニットとして良かった。
ただ・・・何だろうね。あっさり読み終わってしまったというか・・・。
中編(「ミステリ夢十夜」は短編が集まった中編?)集だから、ということでもないような。
久々の火村さんvv と期待しすぎた?
もう少し、読み応えが欲しかったような・・・
や、もうそろそろ火村さんの長編新作が読みたいんだわ。
マレー鉄道とか、朱色の研究とか辺のような。
出してくれんかなー。
posted by みずる at 10:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年4月読了その4(年間18)「手紙屋」

手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜
喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 4297


部活と友達と組んだバンド。あとはアルバイトが出来れば・・・。
高校2年生の和花は、進路について、アルバイトについて、父親と衝突する。
勉強はしなきゃと思うけれど、何のために勉強をするのかわからなくて、やる気も出ない・・・。
そんな和花だったが、ある日、兄嫁から「手紙屋」を紹介され、彼と手紙をやりとりするうちに、
大切なことに気付く。

受験生に読んでもらいたいんですよ、と言われ、
受験生じゃないけど勉強する意味を受験生に伝えられる助けになるかなと思って読んでみました。
・・・うん。
私、素直じゃないしなぁ〜ww
素直な人にはとっても良い話なのだと思います。
自己啓発だしな〜。
自分から勉強したくなる本、らしいですが、私はそうでもなかった・・・。
半ばで眠くてたまらなかった^^;
ネガティブでひねくれてるからww

世の中うまくいく、と信じられる、ポジティブな人にどうぞ。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

SOPHIAに対する気持ちを表す言葉が見つからなくなっている。好きすぎて。

*少しネタばれてるかもしれません。

4月15日。
SOPHIA TOUR2012「オリックス劇場オープン記念」行ってきました。
ホールツアーなんで、虹の魔法使いの夜 ですね^^
一人参戦で。珍しくない。

生まれて初めて、前に人がいない状態を体験しました。
前から二列目。
でも、センターじゃないので、実質最前。うおぅ。
カメラのおにーさんの頭で見えないことも良くあったけど、新鮮でした。
人の頭に当たりそうだと気にして踊らなくていいから楽〜、って思ってたら、
カメラのおにーさんを殴りそうだったので結局気は使いましたが。

ライブが良かったかどうかってのはもう、書くだけ野暮ってもんで。
もう、もうね、だってね、好きvvvvv(わけわからんwww)
セトリも良かったですねー。
ライブハウスバージョンも凄く聴きたかったけれどもさ。
でも、「もしも君が迷ったなら」とか「蜘蛛と蝙蝠」とかきた日にゃーあなた。
そして未だ、「鶴の一つ一つが」の言葉に泣けてしまう。充氏に泣かされたーww
ともくんの、都氏の生活がフローネ、発言は・・・ごめんなさい昭和の子ですわかります。
フローネは可愛いと思います。
都氏は痩せたと思います。私もまたジムに通おう。
ジル君はやっぱりお洒落さんでした。あんなお洒落で似合うの、彼くらいしかいない。
クロちゃんは・・・かっこいいのねv
天一は行ったことありません。ひまわりのお嬢さんは気が付かなかったのかな。

メンバーを間近に見られて、ひっくり返りそうでした。目の前にいるなんて!
すごい恥かしかったwww 
もっと気合い入れて服選んだりすればよかった(誰も見てません)。
いやしかし、スクリーンに映るとは・・・でもまた前に行きたいなぁ。


本当は、神戸チキンジョージの、ピーターパン症候群夜会に行きたかったのだけど。
4月4日。だって自分の誕生日なんだもん。
でも、開演時間が遅いので、アウトでした。
ライブハウスでつぶされたかった気もするけどww
ホールはホールで楽しいのでまぁいいかぁ〜。
銀テープ、拾えたしv 拾えたww

グッズは、結構買いましたねぇ・・・Tシャツ。Mサイズで十分入ったけど、
電飾のところが腕に当たって踊りにくかったので、結局外しましたとさ。
ソフィニカ学習帳は仕事で重宝しております。もっと買っとけば良かったかも。

しかしまぁ、帰りが大変でした。走りました。
新幹線から在来線への乗り換え。2分ww
新幹線車内を、エスカレーターに近い降車扉まで歩くの歩くの。
同じように考えていたらしいおじさまの後ろをついて、歩くの歩くの。
グリーン車手前の扉まで歩いたら、ぴったりエスカレーターでした。
で、駆け下りて、ホームをかけて、飛び乗り!
先に乗ったお兄さんがバックでドアをふさぐ形になって、焦りました。
でも、お蔭で30分早く帰れたー。筋肉痛〜。

ライブに行きましたの記事を書いていない2008〜、リアで結構いろいろありまして。
目の前には、大きな壁がそそり立っております。
というか、囲まれている感じです。
都氏の病気のことがなくても、ライブに行ける回数はめっきり減りました。
今回だって、チケットが取れる取れないは別として、
今までなら神戸大阪合計4公演とも、行ってました。2007年くらいまでなら。
でも、行くわけにはいかなくなったのです。
泊りで出かけるのがまず無理。
帰宅が夜中になるのが無理。
2DAYSどちらも参戦は、記念品欲しいけどだから無理。
開演が遅いのも無理。
だから、今回も終演後に西九条Brannew行きたかったけど、無理。


高齢の母と二人家族。
その母が認知症だと診断され、夜は一人だと寂しがるから、
仕事で歓送迎会やら忘年会やらがあっても、ほとんど参加できません。
そんな状態。
仕事は続けなきゃ食べていけないし、でも、結局正規職員への道は閉ざされて、
1年契約で果たして来年度は雇ってもらえるのか、それすらわからないまま、
正規職員と同じ仕事をしている非常勤と言う名の常勤。
年収はいわゆる、ワーキングプア状態。世間でいう「貧困層」に当たります。
若い頃みたいに、毎月みたいにライブに参戦、ってわけにはいかなくなりました。
でも、SOPHIAの存在そのものが、私の力になってるから、大丈夫だと思う。

他にも、乳がん検診でひっかかってみたり。
(結局、ガンではなかったようです。経過観察)
これ実は、復活後のzeppツアーの時には再検査待ちの状態だったから、きつかった。

今でも、「頑張れないかもしれない」って思うこともあるし、泣かない日はないくらい泣いてるけど、
SOPHIAと出会う前みたいに、人間不信に陥ったり、自分を消してしまいたいとは思わなくなってる。
だって、次に会うときに、頑張ってない自分を見せられないものね。
恥かしい自分で会いたくないから。

迷った時には、SOPHIAに戻ります。
生まれてきたことに感謝して、
壁は扉に変えていきますとも、ええ!



リンダリンダ・・・は昼間だから行けるかな〜



↓自分メモ。

2008年
・5/7 Zepp Osaka 「BANDAGE」 一人参戦・・・CD貰ったな〜v
・7/26 神戸メリケンパーク特設ステージ  「スターライトKOBE」 友達と二人で・・・暑かったけどめちゃ楽しかった! 神戸の海の色が地元の海の色と違っててびっくりした。
・11/16 大阪厚生年金会館  「BAND AGE」 これも確か一人参戦・・・後ろの方だった記憶が。

2009年
・7/31 岡山市民文化ホール 「楽園」  友達4人位とだったっけ・・・岡山で初のLIVEがあった市民文化ホール。同じところvv あの時は後ろの方で、ひまわりもそれほど誰も持ってなかったなぁ。今回は6列目で、ひまわり畑vv 開演前にお茶をした喫茶店で50円多く取られた記憶が^^; 数人で参戦したの久し振り。楽しかった。県立図書館で友達を待ったりした・・・。
・8/16 大阪厚生年金会館  「楽園」  2階だった。これも確か一人参戦。16時開演がものすごく有難い。19時に会場を出て、ダッシュで地下鉄に乗った・・・。この年の6月には診断がおりてたから、出かける時には、どの電車に乗れたら新幹線がこれで・・・って、細かく記載して行ったなぁ。この時間にはこの辺りにいるから心配しないで、安心して。一人じゃないから、って嘘もついてなぁ。嘘つくの辛いな。
・9/26  大阪城野外音楽堂  暑かった・・・グッズもひまわりも売切れてた・・・ショックよー。都くんがガンだと判明する前に行った最後のLIVE。

2010年
・3/28  大阪厚生年金会館  「15th Anniversary」 厚生年金会館ファイナルー。友達と参戦。忘れられません。鶴たくさん折って行ったなぁ・・・お守りとか、手作りカードとか作ったなぁ・・・。このライブをラストにしないように、あんなに真剣に祈ったの久し振り。

2011年
・10/2  Zepp Osaka 「ETERNAL presents」 待ちに待った復活後初のツアー! 泊りが無理だから武道館は諦めたので、このツアーがどんなに待ち遠しかったか!  16時開演グッジョブ〜!!! 友達と二人参戦でした。頑張って前の方行った! 早起きして、12時には会場について、いろいろいろ・・・はじけすぎてグッズ買いすぎた気もする。パーカー、もう少し大きいサイズが欲しかった・・・。松岡氏の言葉に泣いた。しかし、こんなに早く復活してもらえるとは驚くやら嬉しいやら嬉しいやら!! 神様ありがとー。



はぁ、書いた書いたww

posted by みずる at 17:22| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久し振りに

お久しぶりでございます。今日は強風ですが、皆様大丈夫でしょうか。
飛んで行ったりしていませんかああそうですか。
うちは、先日の強風で軒のトタン屋根が飛びました。
シルバー人材センターに修理をお願いしていますが、他にも飛んだところが多く、
なかなかうちまで回って来ません。
昨日やっと来てくれたと思ったら、建材屋が休みで材料が買えず、まだ手がつけられていません。
洗濯機に雨が当たって可哀そうです。

さてさて、すっかり自己満足の読書記録と化しているこのブログ。
それすらも更新が出来ておりませんね。
これを書いてから、のんびりと穴埋めをしていこうと思いますので、
日にちがつながっていても、この記事は久し振りなのでございます。

その間に、シーザーブログの記事投稿画面が変わっていて、
わけがわからず戸惑っております。んー。


更に久し振りと言うと、音楽のカテゴリーをクリックしてみてあらびっくり。
SOPHIAのライブに行ってきたよー!
という記事が、2007年で止まっていることですね〜。
行ってないわけじゃありませんぞ。行かないわけないじゃありませんか。
でもね、なんかねもうね、書かなくてもいいかなぁ・・・とか。
私の文章力では何も伝わりませんもん。
私が「ああ、SOPHIA超最高⌒゚( ´∀`人)゚⌒ジャーン♪♪ 」と一人で思ってればいいかとか。
LOVE参戦メモは、2004年で止まってるし。
基本、飽きっぽいのですね。

携帯の待ち受けに、5人揃っての画像をセットしてたら、
「あ、東方神起」
って言われるし、
職場の席の横の壁に小さな5人そろってのカード(昔の雑誌の付録だったかと)をはってたら、
「何それ。バンド? 16年間ファン? まだその人たちやってるの?」
って言われるし。
まぁ、24歳と14歳の発言ですけどね。



もし、たまーにでもこのブログを見てくれている人がいたりなんかした場合、有難うございます。
これから穴埋めします。
posted by みずる at 16:20| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

2012年4月読了その3(年間17)「船を編む」

舟を編む
舟を編む
posted with amazlet at 12.07.15
三浦 しをん
光文社
売り上げランキング: 117


辞書編纂部に迎えられた、「変人」として有名な馬締光也。
個性的な面々とともに、『大渡海』編纂のため、奔走する。

三浦しをんさんは天才だと思うのね。
辞書の編纂、長い年月、世代を超えた願いの達成・・・なんていうと、
とんでもなく重いテーマで読みにくかもと思われるかもしれないし、
実際にそういうのもあるのだろうけれど、
それを、キャラクターの面白さと、彼女独特の文体で明るく楽しく描いていると思う。
それが「軽い」とか「薄い」とか取られてしまうのは、
それはもう、好みの問題というか、もっと凄い、静かな熱血を求めていて裏切られたんじゃないのかというか、重いテーマならもっとふくらませて大きく書くべきだと思っているからじゃないのかというか・・・。
これはこれでありなんじゃないの、と私なんかは思うわけで。
辞書作りの奥深さは、それでも伝わってくると思うんだけどな。
小説って、現実じゃないし。
多少の脚色や現実離れしたところがあろうが、面白ければ良いというか。
「賞を取った作品にしては・・・」という言葉も聞かれるけど、
本屋大賞ってそういうことじゃないの?
何が言いたいかというと、私、三浦しをんさん好きだなーとうことでw
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

2012年4月読了その2(年間16)「オクターバー・ガール」

オクターバー・ガール 螺旋の塔に導くものは (徳間文庫)
伊藤螺子
徳間書店 (2011-09-02)
売り上げランキング: 393647



音楽を聴くと、その音楽の世界に意識が飛ぶ「特異体質」の僕。友達に誘われて行ったライブで聴いた、「シズハライサナ」の歌声に、完全に現実を離れ、螺旋の塔に飛び込んでしまった。そこにいたのは、シズハライサナに似た一人の少女だった。

登場する音楽、主人公が飛び込むその音楽の世界。
とても魅力的でした。
青春ものであり、ファンタジーであり。ちょっぴりミステリーであり。

「この本を読んだあとは、音楽が違って聞こえてくる」
という推薦文がありましたが、確かに、そうかもしれない。
不思議な雰囲気を持った物語でした。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

2012年4月読了その1(年間15)「ビブリア古書堂の事件手帳」

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキーメディアワークス (2011-03-25)
売り上げランキング: 173


初対面の人とはロクに口も聞けない、人見知りの若い女店主が営む古書店、「ビブリア古書堂」。彼女の本の知識は並ではない。そこに持ち込まれる「いわくつき」の古書にまつわる謎を、鮮やかに解き明かす。

読むつもりは実はなかったのだけれど、成り行きで結局読みましたw
思っていたよりちゃんとした謎解きものでした。
栞子さんが入院する原因になった事件の、せどり屋みたいなまねは出来ませんが、
事件に決着をつけるために栞子さんが取った行動は、とっても理解できるものでした・・・
だって私も本が好き。
まぁ、私の大切な本は、稀覯本や価値のある本ではなく、ただ単に自分が好きな本なんですけども^^;
古本屋なら100円くらいで売ってる本に、そこまではしませんが、でも、気持ちはとてもわかる。
本屋大賞8位・・・3巻まで出ていますね。
次巻は、機会があれば読むかもしれません。
posted by みずる at 23:04| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。