2009年05月06日

2009年5月読了その2「土方歳三散華」

土方歳三散華 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)
広瀬 仁紀
小学館
売り上げランキング: 59510
おすすめ度の平均: 4.0
3 土方が守りたいものとは・・・
3 個性や面白さが欠けている
5 すでに優れたレビューは出ておりますが
4 切なさと愛しさが溢れる作品
5 土方さんの悲哀が描かれています


この小説の土方さんはめちゃくちゃかっこいいよ!
と友人に薦められた。

めちゃくちゃかっこよかった。
人間的で。
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)」の歳さんもかっこよくて好きなんだけれども(この歳さんに惚れてはまったんだけれども)、それとは違った人間的な魅力が溢れていて・・・近藤さんのために、自分が鬼になる、そういう生き方をしてきたんだなぁというのが感じられて、なんか、切ないね。
榎本さんとの掛け合いも、くるものがあるし、歳さんの最期を描写した文章も、綺麗だった。
素敵な文章を書かれる方ですね。
もっかい読みたい。
posted by みずる at 22:50| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー新選組関連(まんが含) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。