2010年02月28日

2010年2月読了その3「シアター」

シアター! (メディアワークス文庫)
有川 浩
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 2018
おすすめ度の平均: 4.5
2 文章がヒドすぎる
5 司,大好き
5 ライトノベルだからこそ
2 またしても、こういうキャラか・・・
3 続編は必ず書いていただきたい



小劇団、「シアターフラッグ」解散の危機。兄に助けを求めた巧だが、300万の借金を2年間で収益のみで返せ、という条件をつけられ・・・。

劇団ものだから敬遠してた。
お芝居好きだから敬遠してた。

お話の内容は面白かった。とても。思わぬ出来事が起こるのも、収益を上げるために劇団員が必死で動くところも、個人個人の思いも。
テンポもいいし、会話も楽しい。

ただ・・・なんだろう。なんか物足りないんだなぁ。

「図書館戦争」の時は、かっこいい文体だなぁ〜と思ったのだけれど、最近、何だかちょっと・・・。良いところはあるんだ。悪くはないんだ。ただなんか、全部同じ!?

キャラクターが個性的で面白いと思った。「図書館戦争」の頃。
でも、作品を量産しているからか、ワンパ・・・。
それがいいって人もいるから、否定はしないけど。

しかしなー。なんかなー。ぬるいなー。軽いなー。
それが目標なんだろうから仕方ないけどなー。
最近、この人の書く女の子が可愛くなく思えてしまって寂しい。


あ、視点がころころ変わるのは頂けなかったかと。
何巻か仕立てにして、焦点を当てる人物を変えるとか・・・。



posted by みずる at 07:31| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小劇団の内面を分かりやすくていねいに描写していて、面白かったです。
トラックバックさせていただきました。
Posted by 藍色 at 2011年03月16日 01:44
藍色さん
いつもありがとうございます。

こちらからもトラバさせて頂きますね^^
Posted by みずる at 2011年03月16日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143540402

この記事へのトラックバック

「シアター!」有川浩
Excerpt: 小劇団―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの30....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2011-03-16 01:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。