2010年05月06日

2010年5月読了その1「新選組秘帖」

新選組秘帖
新選組秘帖
posted with amazlet at 10.05.12
中村 彰彦
新人物往来社
売り上げランキング: 440168
おすすめ度の平均: 5.0
4 長編小説として読んでみたい作品ばかりです
5 オススメ新選組小説集!
5 新撰組をテーマにした傑作短編集
5 中村版『新選組血風録』!



思っていたのとは違っていたのだけれど、これはこれで興味深く面白かったです。
ファンじゃなくても名前くらいは知っている有名どころはほとんど主役を張ってなくて、加納惣三郎、松山幾之介、加藤愛之助、富山弥兵衛、沢忠助、島田魁、市村鉄之助、橋本皆助、相馬主計といった人々を描いた短編集でした。
明治になってからのものが多くて、後日談的かな。
「五稜郭の夕日」(てっちゃん)が一番好きかなぁ・・・。「巨体倒るとも」(島田さん)も。良かったな。読んでいて引き込まれました。
岡山城の春季特別展「会津と長州 そして岡山」を観た後だったから、松山さんの、タイトル忘れたけど、それもタイムリーで良かったです。
でも、一番興味深かったのは巻末の対談。世界史的視点から見た新選組というのが新しくて楽しく読めました。

筆は結構クールな書き方。
posted by みずる at 18:10| 岡山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書ー新選組関連(まんが含) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夕日って…なんだろう…?
Posted by BlogPetのみやしげ at 2010年05月16日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149691501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。