2011年01月16日

2011年1月読了その4(年間4)「密室の鍵貸します」

密室の鍵貸します (カッパ・ノベルス―カッパ・ワン)
東川 篤哉
光文社
売り上げランキング: 435432


烏賊川市立大学映画研究学部の戸村流平は、大学の先輩、茂呂のアパートに設けられたホームシアターのある一室で一緒に映画を見ていた。その後、風呂に行くと部屋を出た茂呂の死体を、流平は発見する。流平以外、誰も彼も殺せない状況で・・・。
更に、彼は、少し前まで付き合っていた紺野由紀が殺されたことを知り・・・。
烏賊川市シリーズ第一弾でデビュー作。


あはははは。
こりゃー面白いや。
間違って第4弾を一番に読んでしまったけれども^^;
これはこれで面白い。
テンポが良くて、あっと言う間に読めました。
烏賊川市の説明からして、ユーモアたっぷりで。

それにしても茂呂さんて・・・悲しい人だな。
posted by みずる at 21:34| 岡山 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ユーモア」と「本格パズラー」が見事に融合した、2重にオイシイ小説です。
トラックバックさせていただきました。
Posted by 藍色 at 2011年06月25日 03:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「密室の鍵貸します」東川篤哉
Excerpt: その日、烏賊川市立大学映画学科の四年生・戸村流平は、二つの死への嫌疑をかけられた。大学の先輩である茂呂耕作と、元彼女の紺野由紀。流平は、由紀の死に関しては完璧にアリバイがあるのだが、それを主張で.....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2011-06-25 03:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。