2012年05月17日

2012年5月読了その4(年間25)「ひぐらしふる」

ひぐらしふる
ひぐらしふる
posted with amazlet at 12.08.15
彩坂美月
幻冬舎
売り上げランキング: 283159


祖母の葬儀のために帰省した千夏。地元の友人たちと過ごす毎日の中、
過去に起こった幾つかの奇妙な出来事を知り、その謎を解明する。
一見スッキリとしたように見えるが、帰省した時から千夏につきまとう、
「自分にそっくりの幻」は、果たしてなんなのだろう。

「夏の〜」に比べると、ちょっと劣る気がしないでもない。
でも、面白いのは面白かった。虚構と現実が入り混じる手法は、
「夏の〜」と少し異なっていて、しかし、漂ってくる世界観は変わらず。
アンフェアだ、という意見もあるようだけれど、ちゃんと記述はされていたように思う。
読み終わってから表紙を見返すと、ああ、と納得です。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。