2012年05月27日

2012年5月読了その7(年間28)「いとみち」

いとみち
いとみち
posted with amazlet at 12.08.15
越谷 オサム
新潮社
売り上げランキング: 147983


極度の人見知りを克服しようと、本州最北端のメイドカフェでアルバイトを始めた「いと」
だが、濃い津軽弁のため、「お帰りなさいませ、ご主人様」がうまく言えない。
失敗ばかりでやめようと思いながらも、
一癖も二癖もある先輩メイドや穏やかな店長、海獣のようなオーナーに助けられながら、な
何とかメイドを続けるいとだったが・・・。

三味線を構えた、めちゃ可愛いメイドさんと、美味しそうなりんごのイラストに惹かれて。

・・・
・・・



もう、いとちゃんめちゃくちゃ可愛すぎる!!!

メイドカフェに偏見がある父親と喧嘩するシーンでは、思わず泣けてしまいまいた。
人見知りをなんとかしたいという思いはとても良くわかりますが、
克服のために、田舎から県庁所在地まで出て、しかもメイドカフェでバイトをする時点で、
結構凄い子なのだと思いますが^^;

登場人物も素敵な人ばかりで、
いとちゃんのお母さんやおばあさん(と三味線)もうまく絡み、
やがてカフェの客とも話せるようになったり、友達も出来たり、
「お帰りなさいませ、ご主人様」が言えないだけで、順風満帆に進んでいくかに思われた時、
思いもかけない事件が起きて・・・と、
まぁ、ベタと言えばベタですが、でも、素敵に爽やかな青春小説でした。
いとちゃんが愛しくてたまりません。


タイトルの「いとみち」にも、いとちゃんの進む道、だけじゃなくて、もうひとつの意味もあったのかと、

良い話。


。。。三味線を嗜まれる方には、すぐにピンとくるのでしょうね・・いとみち。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。