2013年02月28日

2013年2月読了その5(年間12)「ヘンたて」

ヘンたて 幹館大学ヘンな建物研究会 (ハヤカワ文庫 JA ア 7-1)
青柳 碧人
早川書房
売り上げランキング: 27,477


幹館大学のサークル、「ヘンな建物研究会」――略して「ヘンたて」に入部した、1年生の中川亜可美。
ドアが12もある旅館の離れや、回転寿司が各部屋を回っているホテルなど、
へんな建物に隠された謎や由来を解き明かす。

「ヘンな建物」に惹かれて。
意味のない階段とか出口とか、そういう不思議な建物は、見ていると面白いなと思うので。
ただ、実在の建物が出てくるのかと思ったら、そうではなかったのですが。
そりゃまぁそうだなw
恋愛あり、青春あり、不思議あり、で、いろいろと盛りだくさんな印象。
登場人物の妙な名前と、主役とその友達の女の子があまり可愛くない点(主観)を除けば、
話としては面白かった。縁側先輩は可愛かったですよー。
あ、イラストは全くイメージが・・・乙。

それにしても、青柳氏の作品は、どうも最初がとっつきにくくて、
でも途中から気になって仕方なくなる、というパターンみたいです、私には。
2巻読みたいもん。

綾辻氏推薦みたいですね。
ぜひ、中村青司氏の館にご招待してあげて欲しいです。
これめっちゃ読みたいww
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/341674033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。