2013年03月12日

2013年3月読了その3(年間15)「踊るジョーカー」

踊るジョーカー (名探偵音野順の事件簿 ) (創元推理文庫)
北山 猛邦
東京創元社
売り上げランキング: 365,110



類まれな推理力を持っているが、引きこもりの音野順。彼を外の世界と少しでもつなげるため、
また、その推理力を生かすために、友人で推理作家の白瀬は、探偵事務所を構える。
世界一気弱な探偵が挑むのは、密室殺人に暗号に・・・・・・。

うーん。面白いんだけど、なんか引っかかるなぁ・・・と思ってたら、
音野が解決した事件を題材にして白瀬が小説を書いている、という設定だった。
ちょっと受け付けないな、ここ。
トリックや謎自体はある意味面白かったし、
キャラクターも魅力的。特に白瀬がおかしい。うん、おかしい。
警部もいい味だな。ベタだけど、そこがいいな。

「馬車道の探偵」って・・・・・・vvv
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/350664755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。