2013年03月18日

2013年3月読了その4(年間16)「戦力外捜査官 姫デカ 海月千波」

戦力外捜査官 姫デカ・海月千波
似鳥 鶏
河出書房新社
売り上げランキング: 39,027


警視庁捜査一課に配属されたのは、身長150cmくらいで超可愛い、まるで女子高生のような警部補だった。
彼女の補佐(お守り?)を任された、設楽刑事とともに、あっという間に戦力外通告をされ、
独自に連続放火事件を調べるうち、とんでもないものを見つけ・・・。

や、面白かった!! 
警察小説、警察ミステリー? どういう部類に入れればいいのかはてはて。
刑事もののミステリは吉敷刑事くらいしか読んだことがないなと思い出しながら。
ちょくちょく、思わず笑いが声に出るミステリーは久しぶりです。
表紙がまた可愛らしくて、これ、男性は手にしにくいんじゃないかな、と思ったりもしつつ。
でも、ちゃんとしたミステリーで警察ものでした。
ある意味ファンタジーかもしれないけど。
なんかとりとめのない文章になっておりますが、結局なにが言いたいのかというと、
続きが読みたいなーv

大真面目な警察小説、と思って読むと(タイトルと表紙からして、そう思う人はまずいないと思いますが)、
なんじゃこりゃあ! になります。
でも、どうせライトな今流行りの謎解きだかなんだかわからない青春ミステリーでしょ、
と思って読むと、あれれ、結構しっかりしてて軽くないぞ、となります。

こういうの好きだなぁ〜。

(ただねー。「オタク=気持ち悪い」という世間の構図をひっくり返してなかったのが残念で。
いや、世間がそう思ってるっていうのは間違ってなくて、でも、オタクにもいろんな人がいて、
オタクじゃなくてもとんでもない奴の方が多くって、というのは実は、
理屈ではわかっていると思っている人でも、本当はわかってなくて、
オタクは何考えてるかわからないからキモイ、というのが、世間一般の人の考えかなという、
ちょっと淋しい気持ちになりましてですね、
まぁ、なかなか、オタク以外の人にはわかってもらえないところだと思うので、
それをいくらかでも払拭するような記述があればですねー、もっとスッキリ出来たのにというのは、
ただ単に私の中のわがままー。)

posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。