2013年04月19日

2013年4月読了その4(年間21)「思い出のとき修理します」

思い出のとき修理します (集英社文庫)
谷 瑞恵
集英社 (2012-09-20)
売り上げランキング: 7,236


子供の頃に少しだけ過ごしたことのある商店街に住むことにした明里。
近所に住む時計屋や、神社の息子と知り合い、さびれた商店街で日々を送る彼女だったが・・・。

もっとファンタジーチックなのかと思ってたら、違ってました。
いや、要素はあるんだけど、ちゃんと一応現実で解決がつくというか、話がまとまってるというか。
派手ではなく、日常のちょっとした出来事で始まり、
明里や時計屋さんの過去がだんだんと明らかになっていく、そんな物語。
割とすんなり読めました。うん。悪くはないな。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366579574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。