2013年05月11日

2013年5月読了その2(年間24)「あたしの嫌いな私の声」

あたしの嫌いな私の声
成井 豊
ポプラ社
売り上げランキング: 778,362


自分の声にコンプレックスを持つユーリは、自分の男の子のような声を生かすため、声優になりたいと思っている。
オーディションで役をもらえたユーリだったが、自分と似た声を持つ男と出会い、声を奪われてしまう。
最初のアフレコまで僅かの期間で、彼女は声を取り戻せるのか・・・。

演劇集団キャラメルボックスの座付き脚本家、成井豊氏の作品で、舞台も好き。
舞台と小説なので、いろいろ違うところもありますが、大筋は同じだし、面白かったです。
まぁ、そんなに同じ能力を持つ人がいてたまるか的なところもあるし、
ご都合主義なところもありますが、悪くはないと思いますけども。
昔、漫画版も読みましたが、やっぱり、この作品は舞台が一番いいなあ。
少々乱暴な展開でも、舞台は迫力と役者さんの演技で魅せてくれるから、どんどん引き込まれますしね。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366582587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。