2013年06月04日

2013年6月読了その2(年間28)「天山の巫女ソニン 江南外伝」

天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子
菅野 雪虫
講談社
売り上げランキング: 244,434


「海竜紹介」の有力者、サヴァンを叔父に持つクワン。
江南の美しい湾のもと、何不自由なく過ごしていた彼だったが、ある日、
行ってはいけないと言われていた都へこっそりと出向き、いつもつけているアクセサリーを落としてしまう。
その数日後、海に毒が流され、解散物が死滅する事件が起こり、クワンは陰謀に巻き込まれていく。

江南キタ━(゚∀゚)━!
前の外伝が巨山だったから、江南もあるはず! と思ってはいたけれど、嬉しいな♪
クワンがどうしてあれだけの人物になったのか、生い立ちがしっかり書かれていて、
ますます好感度が上がっちゃうね! 苦労人だなぁ・・・。
でも、いい人物に恵まれてる。それはクワンの為人によるんだけど・・・。
人財とはよく言った。
このあと、本編に続く、と。もう一回読み直したくなりますね。
本編一巻、文庫が出たなそういえば・・・。

天山の巫女ソニン(1) 黄金の燕 (講談社文庫)
菅野 雪虫
講談社 (2013-09-13)
売り上げランキング: 187,510

posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーYA・児童書・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。