2013年06月27日

2013年6月読了その6(年間32)「楽園のカンヴァス」

楽園のカンヴァス
楽園のカンヴァス
posted with amazlet at 13.09.22
原田 マハ
新潮社
売り上げランキング: 2,635


岡山県倉敷市の大原美術館で、監視員として働いている早川織絵。
アンリ・ルソー展に作品を貸し出す窓口として、彼女に指名が下りる。
彼女を名指ししたのは、MoMAのティム・ブラウン。
過去、彼と織絵は、素朴派の巨匠アンリ・ルソーの大作『夢』とほぼ同じ構図、同じタッチの『夢を見た』ちう作品の真贋を巡って、持ち主の大富豪のもとで戦ったことがあった。

いやもうね、ナニコレ、だね。面白すぎ!!
「ページを繰る手が止まらない」とありましたが、もうその通り!
絵に関する知識は全くないのだけれど、だからこそ余計に面白く読めたんだろうなと。
でーれーガールズ」が今ひとつだったので、手が出しにくかったのだけれど、いやいや、読んでよかったよ。
大富豪が二人に渡して読ませた古書−作中作のようなそれ自体も興味深かったし、
二人の真贋判定がどうなるのか、もう気になって気になって。
ティムの運命もどうなるのか、もう気になって気になって。
一気に読んでしまいました。
それにしても、岡山弁すぎww


posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375500528
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。