2013年08月01日

2013年8月読了その2(年間40)「今朝の春」

今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)
高田 郁
角川春樹事務所
売り上げランキング: 5,496


伊勢屋の美緒に奉公の話が持ち上がり、彼女に包丁指南をすることになった澪。果たして・・・。
など、4話。

久しぶりにこのシリーズ読んだ〜。やっぱり面白い。ページを繰る手が止まらないとはこのことですわ。
時系列に沿った短編なのだけれど、一気に読んでしまいました。
澪が可愛くて可愛くて。幸せになって欲しいキャラですね。
この先、どうなっていくのか楽しみです。
料理は美味しそうだし・・・好き嫌いが多い私でも、食べてみたくなります。
作れないけどw
時代を感じられる表現もいい。女性の書く時代物はいいですね!
野江ちゃんがあさひ太夫となった経緯が明らかになったり、小松原さまへの思いがはっきり見えたり、良い巻です。
posted by みずる at 10:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383334413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。