2013年02月26日

2013年2月読了その4(年間11)「続A型自分の説明書」

続 A型自分の説明書
続 A型自分の説明書
posted with amazlet at 13.03.03
Jamais Jamais
文芸社
売り上げランキング: 60,838


自分A型なんで。

信じる、信じないは別として、笑えるw
Jamais Jamaisさんの書き方が好きです。
この本の性質上、自分もそうだというところもあるし、全く違うというところもあります。
まぁ、占いでもそうですね。
別にどっちでもいいんですよ。楽しけりゃ。誰がどう言ったって、私は私なんだから。

で、昔話のところが特に面白かったです。
A型だったら、というんじゃなくて、普通に物語として。
そんな話だったらナンセンス! みたいな。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

2012年12月読了その1(年間64)「脳をつくる読書」

脳を創る読書
脳を創る読書
posted with amazlet at 12.12.30
酒井 邦嘉
実業之日本社
売り上げランキング: 86,883


「電子書籍」か「紙の本」か。
どちらも上手く共存できればいいのになぁ、と私なぞは思うわけで。
「紙の本」にも「電子書籍」にも、どちらもデメリットはある、と、きちんと整理されていて、好感がもてました。
何にしても、理解するためには「想像力」が必要だということ。
それを鍛えるためには、やはり活字が必要不可欠なのだということ。

私が一番共感したのは、
「本(紙の)は生き物」
「手書きの文字は財産」
という2点。

自分の書棚に並んでる背表紙を眺めるだけでも幸せだし、
その幸せに近づいて触れられるのも幸せww
未読の本が背表紙を向けて並んでるのを見ながら、
いつか読むから! いつかわからないけどいつか、だからそこで待ってて!
なんて思うこともあるww
そして書棚を眺めていてふと思ったのだけど、万が一、電子書籍が紙の本を駆逐してしまったら、
サイン本というものは存在しなくなって、
サイン会も本にサインをするのじゃなくなって、
書店で実際に手にとって、印刷の歪みや質感、行間や文字数の多さ、装丁を確かめ、
ぱらぱら読み、購入するかどうかを決める・・・ということも出来ないわけなんだなぁ・・・
と思って、ものすごく寂しい気分になりました。
初回特典のアリスや火村先生の名刺を、挟まってるか確認してレジに持って行ったり、
そんな特典の存在を知らずにぱらぱらやってて、「あ! こんなのついてるんだ! 買わなきゃvv」と、
幸せな気分になることもなくなるんだろなぁ・・・。
表紙が汚れてるから違うの買う〜・・・と、平積みの下の方を探ったりとか。
友達と学校帰りに書店によって、あったなかったこれ面白そうじゃない?
なんてのもなくなるか。淋しいのぉ。
電源を落としたら跡形もなくなっちゃうし(本を閉じても表紙が見える紙とは違って)、
「所有」という感覚が違ってくるかな。
電気がないと読めないというのも嫌だ〜!
データは無機物、でも本は有機物だと思う。紙の経年劣化もその一つで。

図書館も機能しなくなるから、ほんとにお金がないと本が読めないことになっちゃうね。
買うものも厳選されるし。いろんな本に触れる機会も減るかなぁ。
ワーキングプアなんで私。
いろんな人の手に触れてきた本は、それだけでいろんな思いを吸収していそうだし、
その本を誰かが借りていた、と思うと、自分が好きなのと同じものを好きな人がいるのだなと嬉しくなるし。

・・・私、やっぱり紙の本が好きです。
って、本の感想じゃないようなw ただの痛い文章になってしまったww
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

2012年10月読了その6(年間55)「吹奏楽部あるある」

吹奏楽部あるある
吹奏楽部あるある
posted with amazlet at 12.12.24

白夜書房
売り上げランキング: 7,398


ツイッター発祥。吹奏楽部に関する、あー、あるある! のネタを集めた本。
菊池直恵さんの一コマ漫画も最高。

あー、あるある。吹奏楽部ってこんなだよ。
私は中学校でしか所属していなかったけど、同じようなもんだよね。
笑った!
自分はクラリネットだったので、クラネタのところは特に。
担当楽器によって性格が違っていたり、顧問もいろいろだったり・・・笑えます。
吹奏楽部員だった人、現在吹奏楽部員の人、吹奏楽部員と付き合っている人、
吹奏楽部に憧れている人・・・楽しく読めます。すぐ読めます。


「アフリカンシンフォニー」になるとホルンの目が輝く
「星条旗よ永遠なれ」を頭の中で再生するとエンドレスになる

あるある!!
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

2012年9月読了その1(年間44)「お姫さま大全」

お姫さま大全 100人の物語

講談社
売り上げランキング: 178597


古今東西、実在、架空を問わず、100人のお姫さまを紹介。

子供の頃、お姫様に憧れたことがないとは言わない一人ですw
が、お姫さまって結構大変なんだなあと気付いた時から、まぁ、何ですわww
その、「大変」さが、詰まっていますww

ちなみに、私の好きなお姫様はアルフィンですが・・・
あ、この本には載ってないです。
posted by みずる at 00:00| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

2012年8月読了その2(年間40)「青い羊の丘」

青い羊の丘
青い羊の丘
posted with amazlet at 12.12.09
竹下 文子
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 500195


青い丘に佇む僕が出会うのは、不思議なものばかり。
天使の子供に図書館ではばたく鳥たち・・・。

あずみさんのイラストがとてもきれい。
掌編なので、毎日少しの時間少しずつ読むのにもいいかも。
優しいファンタジーでした。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

2012年8月読了その1(年間39)「トロムソコラージュ」

トロムソコラージュ
トロムソコラージュ
posted with amazlet at 12.12.09
谷川 俊太郎
新潮社
売り上げランキング: 533519


ノルウェーのトロムソで書かれた、長編詩集。
詩というか、物語というか、という感じで、新鮮でした。
新しい形態に挑戦する姿勢が素晴らしいですね。
写真も素敵。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

2012年3月読了その3(年間12)「はやぶさパワースポット50」

はやぶさパワースポット50

三和書籍
売り上げランキング: 156468



はやぶさを旅しよう!
とはいえ、まさか宇宙に行くはずもなく。
はやぶさにゆかりの地を紹介した本です。
技術者が食べたグルメとか、お参りした神社とか、企業や町工場の所在地とか。
結構あちらこちらにゆかりの地があって、面白く読みました。
岡山の中和神社が載ってるかなーと思ったのが手に取るきっかけだったのですが。

京都の壬生寺の近くに隼神社があるのを知ってΣ(゜◇゜ノ)ノ びっくり!
壬生寺なら数年前に行ったのにー。
おしかったなぁ。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

2012年3月読了その1(年間10)「はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語」

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)
吉田 武
幻冬舎
売り上げランキング: 231138


宇宙研(ISAS)の歴史が良くわかります。非常にうまくまとまっていて、
読み物としても面白い。ISASとNASDAの関係のところなど、引き込まれます。
「はやぶさ」についてはそれほどたくさんの記述はなかったと思われますが、
ペンシルロケットのこと、糸川博士のことなど、開発の歴史が主でしたが、
それがなければ「はやぶさ」もなかった、というのが理解できます。
宇宙研のスタンスって、素晴らしいと思いました。


posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

2012年2月読了その4(年間9)「宇宙と地球を見る人工衛星100」



古今東西、代表的な100の人工衛星の、概略や機能、役割を解説。


いやー、地球を回るものから惑星を調べるものまで、こんなにも宇宙機ってあったんですね。
とっても勉強になりました。
1機について2ページと、判りやすくまとまっていて、良かったです。
簡単な知識をこれで得て、次につながるといいですねぇ。
posted by みずる at 19:46| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

2012年2月読了その2(年間7)「日本の宇宙開発」

どの本だったかわからなくなりました・・・
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

2012年1月読了その5(年間5)「宇宙を開く 産業を拓く」

宇宙を開く 産業を拓く 日本の宇宙産業 Vol.1 (日本の宇宙産業 vol. 1)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
日経BP出版センター
売り上げランキング: 83563


産業を支えているのは、技術者。
宇宙開発の現場に視点を据えて書かれています。素人でも十分にわかる内容で、
科学者の思いを形にするのが技術者なのだというのがよくわかります。
巻末には宇宙開発に関わる企業の一覧が、
主契約者として開発に携わる大企業からネジの1本を作る町工場まで258社すべて網羅されているのも素晴らしい。
町工場万歳。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年1月読了その3(年間3)「ばかスイーツ」

ばかスイーツ
ばかスイーツ
posted with amazlet at 12.03.10
べつやくれい
アスペクト
売り上げランキング: 64258


「やらなくてもいい」実験の数々。バレンタインに地獄チョコ、野菜でジャムづくり、柿ピーのおいしい率・・・脱力スイーツ体験。


やっぱりべつやくさん好きww
それにしても、作ってみたくなるから不思議。いもモチや養命酒ケーキがおいしそうでたまりません。ドクターペッパー牛乳も試してみたいなぁ・・・と思うような怖いようなww
地獄チョコの、手足がリアルでたまりませんww
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

2012年1月読了その2(年間2)「いのちの絆を宇宙に求めて」

いのちの絆を宇宙に求めて −喜・怒・哀・楽の宇宙日記3−
的川 泰宣
共立出版
売り上げランキング: 466330


KU-MAの「宇宙の学校」や「あかつき」「イカロス」「はやぶさ」など、宇宙開発の今について。NPO「子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)」発行のメールマガジンを,日本惑星協会のものと合わせて編集しなおしたもの。

的川先生って、いろんなことに造詣の深い方だなぁ、と。素敵な考え方をされますね。
いいなぁ。
太いけど、面白く興味深い内容だったので、割合早く読めました。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

2012年1月読了その1(年間1)「宇宙大航海」




宇宙を勉強することから離れて20年近く。
20年あれば、いろんなことが進歩するしね・・・。

ということで、文系頭には難しいこともたくさんありましたが。
特に素粒子が云々のところはとても。物理わからない^^;
でも、とにかくすげー!
ここまで進んでたのか。
宇宙開発の世界も、天文学の世界も。


たまにはちゃんと勉強しないとなぁ。
posted by みずる at 03:23| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

2011年12月読了その7(年間103)「宇宙を使う くらしが変わる」

宇宙をつかう くらしが変わる (日本の宇宙産業)
宇宙航空研究開発機構産業連携センター
日経BPコンサルティング
売り上げランキング: 112111


そしてここへたどり着くと。

こんなに、宇宙が身近になっているとは。
知らない間に、宇宙で出来たものを今手にしているかもしれませんねぇ・・・。
凄い凄い。
もちろん、成功しているものばかりではないと思いますが。
少しでも、宇宙について知るきっかけになればいいかなぁ・・・と。

宇宙下着欲しい。
宇宙酒飲みたい。
posted by みずる at 03:23| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

2011年12月読了その6(年間102)「スペースシャトル30年のすべて」




はやぶさからこっちに来ましたww
だから、宇宙に憧れたあの頃を思い出しまして・・・。
スペースシャトルも、チャレンジャー号の事故以来、なんだかちょっと怖くて、
離れてしまっておりました。
それが、2011でシャトル引退ということで、にわかに気になりだしましてね。

シャトルプロジェクトがとてもわかりやすく書いてありました。
素人でも大丈夫です。むしろ、素人向き?
プロジェクトの陰と陽、どちらもきちんと書かれているなという印象でした。
そうか、そんなことがあったりそんな理由で引退だったりか。
スペースシャトルに搭乗した宇宙飛行士の記録とか、
日本人宇宙飛行士のインタビューとか、結構盛りだくさん。

宇宙飛行士に憧れる方、宇宙に憧れる方、いかがでしょう。
posted by みずる at 03:23| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

2011年12月読了その5(年間101)「はやぶさくんの冒険日誌」

はやぶさ君の冒険日誌
小野瀬 直美
毎日新聞社
売り上げランキング: 131666


チラシの裏に書かれた「はやぶさ」
手作りパンフレットを大幅加筆訂正したもの。
現場スタッフによる作品。


で。
絵本、絵本、と連呼されていますが、これ絵本じゃない・・・。
小学生にはちょっとわかりにくいかと思います。
物語風に書かれている割には、やはり理系の人の文章かなと。
報告書とか説明文とか、論理的なものとか、論文とか、と、
物語風の文章はやっぱり違うものだから、何となく読みにくかったのです。
子供向けに書くなら、もう少し難解な専門用語がなくてもわかるようにして欲しかったなぁ。
大人ならこれで十分なので、親子で一緒に読むのはどうでしょう。

ただ、巻末の座談会は良かったですね。
いろんなつながりが見えてきます。
posted by みずる at 03:23| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

2011年12月読了その4(年間100)「小惑星探査機はやぶさー「玉手箱」は開かれた」

カラー版 小惑星探査機はやぶさ ―「玉手箱」は開かれた (中公新書)
川口 淳一郎
中央公論新社
売り上げランキング: 81994


川口プロマネの手による、はやぶさの本。
簡潔で、素人にもわかりやすい文章で伝えられる、はやぶさプロジェクト。
完全内部の方による著作(しかもプロジェクトマネージャー!)なので、
メンバーのこと、数々の困難な事象のこと、その対応のこと、
手に取るように伝わってきます。
はやぶさの帰還が奇跡ではないということが、良く理解できる。
写真も豊富で、はやぶさ最後の写真はやっぱり泣けますね・・・。
ページの片隅にある、毎月のはやぶさの位置を表す図も素敵でした。
posted by みずる at 03:23| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

2011年12月読了その3(年間99)「小惑星探査機「はやぶさ」の奇跡」

小惑星探査機「はやぶさ」の奇跡
的川 泰宣
PHP研究所
売り上げランキング: 138148


的川先生の著書。1週間少々で書き上げたと言われる。凄い!
内部からの視点で書かれたものなので、
ノンフィクション作家の手によるものとか、新聞社の手によるものとかとは違って、
ストーリーの盛り上げもうまい言葉回しもないけれど、
それだけに、逆にくるものがあります。
やっぱり、外部からのものと内部からのものと、両方読むべきだと思いました。
その時々の事象のとらえ方などが、異なっていたりもするので。
専門家が書かれたものだから、専門用語がたくさんでわかりにくいのでは?
と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、
そんなことは全くなく。
まぁ、どうやっても専門的なことが必要な個所もありますが、
それなりに何とかなります。中学生でも大丈夫。
posted by みずる at 03:23| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。