2013年01月01日

今年こそ〜

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は、思うように時間が取れず、読書量の少ない年となってしまいました・・・。
68冊だって(´;ω;`)
仕事では、新しいシステム導入のために忙しくなってしまい、
更にパソコンをよく使うことになってしまったがために目・肩・背中・腕に負担がかかり。
家では、母の介護・・・介護というにはおこがましいほどのことしかしていませんが、
家の仕事をする量が今までとは段違いに増え。
そして、どうやっても自分、毎年歳をとって行くわけで。。。

・・・なんか、時間が足りない気がする。

もっともっと、本が読みたい〜!
ということで、今年こそ、本を読もう! できれば100冊・・・。
死ぬまでに、あれとこれとそれとそれとあれとこれとは読んでおかないと・・・ww

SOPHIAにも会いたいし、お芝居も見に行きたいし〜。
水泳とフィットネスも続けたいし。
介護のために、あんまり遅くなるわけにはいかないので、
昼の部とか、開演が早いのとかを狙って行きたいな。

なんか、毎年変わりばえしませんww
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

久し振りに

お久しぶりでございます。今日は強風ですが、皆様大丈夫でしょうか。
飛んで行ったりしていませんかああそうですか。
うちは、先日の強風で軒のトタン屋根が飛びました。
シルバー人材センターに修理をお願いしていますが、他にも飛んだところが多く、
なかなかうちまで回って来ません。
昨日やっと来てくれたと思ったら、建材屋が休みで材料が買えず、まだ手がつけられていません。
洗濯機に雨が当たって可哀そうです。

さてさて、すっかり自己満足の読書記録と化しているこのブログ。
それすらも更新が出来ておりませんね。
これを書いてから、のんびりと穴埋めをしていこうと思いますので、
日にちがつながっていても、この記事は久し振りなのでございます。

その間に、シーザーブログの記事投稿画面が変わっていて、
わけがわからず戸惑っております。んー。


更に久し振りと言うと、音楽のカテゴリーをクリックしてみてあらびっくり。
SOPHIAのライブに行ってきたよー!
という記事が、2007年で止まっていることですね〜。
行ってないわけじゃありませんぞ。行かないわけないじゃありませんか。
でもね、なんかねもうね、書かなくてもいいかなぁ・・・とか。
私の文章力では何も伝わりませんもん。
私が「ああ、SOPHIA超最高⌒゚( ´∀`人)゚⌒ジャーン♪♪ 」と一人で思ってればいいかとか。
LOVE参戦メモは、2004年で止まってるし。
基本、飽きっぽいのですね。

携帯の待ち受けに、5人揃っての画像をセットしてたら、
「あ、東方神起」
って言われるし、
職場の席の横の壁に小さな5人そろってのカード(昔の雑誌の付録だったかと)をはってたら、
「何それ。バンド? 16年間ファン? まだその人たちやってるの?」
って言われるし。
まぁ、24歳と14歳の発言ですけどね。



もし、たまーにでもこのブログを見てくれている人がいたりなんかした場合、有難うございます。
これから穴埋めします。
posted by みずる at 16:20| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

はやぶさ

実に5年ぶりに、映画館に足を踏み入れました^^;

実は去年の年末あたりから、身体的にも精神的にも調子が悪くて、
眼の周りには大熊猫飼ってるし(すでにクマですらないww)、
身体的には、わきの下にしこりが出来たり不正出血したり。
情緒不安定で、この間なんか
「何にも気にせずにおいしいものや甘いもの気が済むまで食べたい〜」
って言いながら泣いてるし。プレ更年期か?

ということで、普段映画館で映画を見るということがないのですが、
気分転換に。
で、何を見たかというと、


「はやぶさ 遥かなる帰還」

はやぶさ好きすぎvv

見ようかな〜と言っていた友達はみんな土日が仕事なので、一人でのんびりと鑑賞です。

第一弾の「はやぶさ/HAYABUASA」は見ていないのですが、
三作ある中で、今回の東映さんの映画が一番面白そう、と思ったのです。
原作として、はやぶさプロジェクトを発足の頃から追ってきた、
ノンフィクション作家の山根一眞氏の名前があったし(多分、私が読んだ奴)、
音楽は、あの天才ピアニスト、辻井伸行氏だし。
俳優陣も、豪華だし。
レビューではいろいろありますが、私は面白かったです。


厳然たる事実が存在しているだけに、ストーリーを変えるわけにはいかないし、
何に焦点を当てるか、によって変わってくる題材ですよね。
ドキュメンタリーなら、以前プラネタリウムで見た全天周映画の
「帰還編」が傑作だったと思うし。

半ノンフィクションの物語として、あきらめない人たちを持ってきたのが良かったのかな。
完全フィクションでもなく、ドキュメンタリーでもない。
「はやぶさ」が帰還できたのは、奇跡でもなんでもない、
プロジェクトに関わった人々の思いと努力の結果なのだということが、
とてもよくわかりました。
研究者とメーカーの人間(民間)の違いとか、町工場のおっちゃんの想いとか。
ラストはやっぱり、泣いちゃったもんww
映画館なのに、思わず「はやぶさ〜!」って叫びそうになって困りましたww


もう、二度と見ることのできない「M-Vロケット」の打ち上げから泣いてたww
開発中止にした政府のばかばか。
渡辺謙氏の英語もさすが素晴らしいし。
藤竜也氏の丸山先生(@的川先生)は、なんかほんとに的川先生を見ている気がしたし。
名台詞もあったと思います。



映画のレビューサイトで、「今どきデータのやりとりにフロッピーなんて・・・」
というのがあったのですが、
それが何故かなんて、一番最初のシーン見たら想像つきますから。
映画の設定でそうなっているのではなくて、凄くリアルなんだと思います。
公的機関なんてそんなもん・・・。


そして、映画を見てもエンドロールでは席を立つ、
という方もいらっしゃると思いますが、
この映画は、絶対エンドロールを見なきゃ損です。
エンドロールでまた泣いたもんww
いや、宇宙開発が好きじゃなければ別に泣けないけど・・・。

人工衛星も深宇宙探査も開発もやっぱり好きだ〜。
そしてやっぱり私は、ノベライズも読むのでしょうww
あ、買うつもりなかったパンフも買ってしまいましたww
DVDも欲しい・・・辻井氏のサントラも欲しい・・・。


せっかくだから、3作目も見るか・・・
1作目も見ればよかった・・・何がこけたのか確かめたいww




・・・って、本の感想書かねば・・・読んでないわけではありませぬ。
posted by みずる at 20:34| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

2011年を振り返ってみる。

初春のお慶びを申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。


もう初仕事行ってきたけどね^^;

去年は、目標の100冊を達成できて、嬉しいやらなんやらです。
都くんはガンを克服して、SOPHIA復活! だったし、
復活ライブは東京だから行けなかったけど、
エターナル主催のライブには行けたし。
はやぶさのお蔭で、宇宙に舞い戻れたし。

母のことはいろいろあるけど、まだまだ、頑張れる年だったと思います。
今年もこのまま、何とかやっていければいいなぁ。




12月は、はやぶさにはまったおかげで、小説を1冊も読んでない!
びっくり!!


振り返ってたら、カテゴリ間違いがあるのでこれから直します・・・。



posted by みずる at 23:11| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

おりんでございます

倉敷市真備町が、金田一耕助生誕の地ということで、
毎年、いろいろなイベントを行っています。

今年は、NHK第一ラジオの公開録音として、

横溝正史没後30周年記念
「3つのキーワードでせまる横溝正史」

というイベントがありました。

心花という、女性二人の25弦琴のデュオ演奏をバックに、
NHKのアナウンサーが作品を朗読するという第一部。
横溝正史ディープトークを3人のゲストが行う第二部。

観覧に応募していたら当選したので、行ってきました。

だって、有栖川有栖氏がゲストの一人だったんだもの〜vvv


ということで、楽しい半日でした♪

金田一耕助に造詣が深いわけでもなく、
横溝作品の大ファンというわけでもない私ですが、
とっても面白かったです。

あと二人のゲストは、大槻ケンヂ氏と、
金田一のイベントの時にはナビゲーターをされている、
金田一コスの網元氏。

お三方とも一過言あるくらいの金田一フリークだそうで、
まだまだ効いていたいくらいでした。

金田一というと、子どもの頃に見たTVで怖かった記憶が多くてなんですが、
ちゃんと小説を読んでみようかなぁという気にさせられました。



ちなみに、タイトルの「おりんでございます」は、
大槻氏がおっしゃったことにちなんでおります。
「どうして、すれ違う人すれ違う人に名前を名乗るのか、解せない」
という・・・
「犬神家」だったか、「八墓村」だったかで、そういうシーンがあったそうで^^


12月10日(土)、午後9時頃から、NHKラジオ第一で放送があるそうです。
posted by みずる at 03:23| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

世も末か

今日の山陽新聞ちまたに載ってましたが。

岡山県某市の市立図書館内で、

堂々とスパゲティを食べるおバカ女
がいたそうです。

しかも、小さな子どもじゃなくて、女子大生風。

注意されたら、カウンターから見えない位置に移動して食べ続け、
再度注意されたら、職員の悪口を言ったり歌まで歌ったり。
かっこ悪いやつ。


図書館内は飲食禁止って、幼稚園児でも知らなきゃおかしい常識でい!

迷惑女、退出願えないのかねぇ。
この人が、二度と図書館(学校図書館も含む)を利用できなければいいのにな。
と思ってしまいました。

だから最近の大学生はゆとりだと言われるんだよ・・・。
情けない。

posted by みずる at 19:41| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

2010年

いろいろあった年でした・・・。

今年の読了冊数、83冊。
目標は毎年100なので・・・17冊も足りない〜。
精進せねば。

3月に都氏の悪性リンパ腫を知り、
4月に異動。
6月に母の認知症診断がおり、
7月に別件で母入院。
8月に追突事故に逢い、
9月に再び母入院。
11月にお世話になった方が若くしてなくなり、
同じく11月に、都氏のリンパ腫寛解。

ほんと、いろんなことがあった1年でした。


ちなみに、「碧空の果てに」で始まり、「地獄堂霊界通信3」で終った読書ライフでした。



来年もよろしくお願いいたします。

posted by みずる at 22:02| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

写真展

岩合光昭さんの写真展に行ってきました。
朝、5時半に起きて^^;
サイン会が、先着100名だっていうんだもん。
友達が車で連れて行ってくれると言ってくれて、
とっても助かりました。
電車だと、結構かかる。。。

初めて実物を見た岩合氏は、写真から受ける印象よりも小さくて(失礼・・・)、ステキなおじさんでした。


公立の図書館で「そっとネコぼけ」を見て、なんだか他の猫の写真集とは違う気がしたんですよね。
なんていうか・・・ただカワイイだけじゃなくて、
猫がとっても凛としているというか、生命力が伝わってくるというか。
とても力強かったんです。
いいポーズばっかりだし・・・。
それで、非常に惹かれまして。


そして、今回パネルを見て、いろんな動物たちも、
何て生命力に溢れているんだろうと。
ライオンもペンギンもヌーもホッキョクグマも雷鳥もウサギも・・・。
自然って、偉大だなぁと。


いいものを見ることが出来て良かったです。
もちろん、サインもしっかりいただけました♪
普通は、定員70人のところ、特別に100人だったんだそうです。
ラッキーだぁ♪


岩合光昭のネコ-47都道府県の408にゃんこ
岩合 光昭
日本出版社
売り上げランキング: 41487
おすすめ度の平均: 5.0
5 のら猫のあるがままの姿
5 岩合さんの猫写真は本物だ
5 猫好きによる、猫好きのための、猫の本
5 日本の猫は三毛に限る



岩合光昭の大自然100
岩合光昭の大自然100
posted with amazlet at 10.05.25
岩合 光昭
小学館
売り上げランキング: 238211
おすすめ度の平均: 4.5
5 自然の中に入り込み自然のダイナミズムを捉えた写真集
5 いつでも何度でも
5 この一枚にどれだけの・・・
5 柴犬は日本人の心だ!
3 空飛ぶイカ


私がサインを貰った本と、
友達がサインを貰った本。

posted by みずる at 18:10| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

誰かの元に

献血してきました。
昨日。

400ml取ってもらえた♪
前回で10回達成したんだけど、記念品をもらいそびれていたので、
今回それも頂きましたー。
ガラスの・・・おちょこ??
とっても綺麗でした。


そこで、骨髄バンク登録パンフレットの「チャンス」ももらって。
骨髄バンクには以前から関心が少しあったのだけど、
今回某お方の・・・って都くんの悪性リンパ腫の件で、
更に関心が深まって、少々勉強したりして。


でもねぇ。
登録は確かに出来る。
だけど、いざドナーに選ばれたときに、
家族の同意、というものが得られないんだな。

それに今は、
一日でも泊まりで家を空けられないから、
数日間とはいえ入院できない・・・。

だから、話が来ても断るしかなくて、
そうしたら、患者さんはどうなったんだろうと、
私が断って、新しいドナーがちゃんと見つかったんだろうかとか、
最悪の結果になってやしないかとか、
まだ苦しんでるんだろうかとか、
どうしても「私が断ったから」って思いがつきまとってくるのは、
自分の性格上わかりすぎるほどわかりる。
そして、後悔する。

だから、登録はちょっと控えようかと・・・。

残念だけど。


だからせめて、献血。



誰かの元に届くんだよな。


あ、一応、私の血も赤いです(笑


しかし、食べ物の好き嫌いが激しくて、
ロクに運動もしていないクセして、
血液だけ健康って自分どうよ^^;
ありがたいけど。
posted by みずる at 18:10| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

げほっでぽきっ

ブログパーツ貼りすぎ・・・^^;

グリムスが枯れないように更新しないとね。



3月末から咳が止まらず、
レントゲンと血液検査をしてもらったけれど、
マイコプラズマでもクラミジア肺炎でもないと言われた。
ストレスだなー。

転勤したし。
多分、ほっとしたし(笑)
プライベートでもいろいろあったし。

しかし、咳のせいで軟肋骨にヒビが入ってしまい、
伸びをしたり咳をしたりしたら痛い。
高いところのものを取るのが取りにくい。痛いから。

プールに行けないのもイタイ。
太る。



岡山城春季特別展で、土方さんの使っていた刀、
「大和守源秀国」
を見てテンション上がりまくって、
ストレスもちょっとだけ解消されたかもね。

次は、岩合さんの写真展に行きたいー!
posted by みずる at 16:22| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

1年に1度の日

卒業したなぁ・・・。とうとうなぁ・・・。
長い子とは、実に7年。
生まれた子が小学生。恐ろしい。歳を取るはずだ。

それにプラス、図書館に来てくれる子が多いから、
実に感慨深いものになるだろう・・・と思ってたんだけど。
意外とあっさり気分。

去年までは、先生方の言うことを聞いて、
卒業前の数週間は、図書館に寄らずにすぐに帰宅する生徒ばかりだったのに、
今年は、卒業式の朝まで図書館に来る生徒がいて、
なんか結構交流してたからかなーと。

あと、たくさんアドレスゲットしてるから(笑
だから、これでお別れ、って気分にならないんだな(笑
いいことだ(笑

小学校に入学した時は、ほんとに小さくて小さくて、
どうするべこれ・・・と思ってたのに。
大きくなったなぁ。
育つもんだなぁ。
成長したよなぁ。
この辺は感慨深い。

中学校で出会った生徒たちも、ほんと大人になりました。
中学校の3年間は大きい。


あ、某少女の担任にお礼を言われました。
「あの子、みずるさんがいなかったら学校にあれほど来なかったと思います」って。
そんなことはないと思うけど、でも嬉しい♪
私でも、誰かの役に立てるんだなぁ〜というドリームをもらえる(笑


いろんな子にお礼を言わなきゃいけないのは、こっちなのだ。

図書館を好きでいてくれてありがとー!!


給料はめちゃくちゃ安いけど、
多分この日のために、私はこの仕事してるんだろう・・・と。
毎年思うんだよね。

いやいや、もっと違うことのためにも仕事してますよもちろん、ええ。


ということで、卒業めでたい!
posted by みずる at 21:45| 岡山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

2009年まとめっ

一般小説:29冊
児童書:37冊
ライトノベル:7冊
その他:11冊

合計:84冊


・・・うーん。年間100冊は達成ならずー。
残念なり。

今年こそは・・・更に無理かもっ。
異動があるかどうかに掛かっているきっと。


内容としては、やっぱしミステリーが多いかなー。
SFやファンタジーも・・・。


容疑者Xの献身に始まって、復活の日―人類滅亡の危機との闘い (TEENS’ ENTERTAINMENT)に終った2009。

2010の始まりは、ファンタジーになりました。


SOPHIAさんにも会えたし、
仕事はいろいろ大変だけど、捨てる神あれば拾う神ありだし、
キャラメルさんも見られたし、
氷川きよしくんのコンサートも行ったし、
ネコカフェも行けたし、
クロール泳げるようになったし、
それなりにそれなりな1年だったかな。
家のことではよく泣いたけどねー。
posted by みずる at 20:58| 岡山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

新年だー

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

ほんとは、昨日のうちに1年の読書のまとめをするはずだったのに、
出来なかったー。
そして今日も出来ないかもー。
だって寒いんだもん(爆

昨日のうちに出来なかったのは、
いろいろやることがあって手が回らなかったってのがひとつ。
母が歳を取って、以前のように動き回らないので、
その分が私に回ってきているんだよね。
ひとりでやるのは、大変だわ。
と、
とあるネットドラマにはまって見まくっている、ということがひとつ。

ということで、
あとでまとめ出来るといいなー。


2010年、良い年でありますように。
新年早々、母と大喧嘩したけどね。
posted by みずる at 20:13| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

2008年あと1時間・・・切ったのか〜

刀語1巻に始まって、作家小説で幕を閉じた読書ライフ〜。
こうしてみると、ほんと雑食。
仕事柄、児童書にも手を出すのでね・・・。
でもやっぱり、どろどろの恋愛ものだけは読んでないな(笑
で、結局何冊読んだんだ??
108冊・・・煩悩かよ!!・・・煩悩だな(笑
ま、年間100冊は達成♪
来年はもう少し増えるといいなぁ。


SOPHIAさんには3回しか会いに行けなかったけど(2回はレポ書いてないや・・・ま、そのうち)、キャラメルさんには1回しか行けてない。
来年はもっと行きたい! 金がない! 給料下がる! がおー。


でも、念願の京都には行けたし(Tちゃんありがとう)、篤姫展も見れたし、吹奏楽レギュラーコンサートとか、なんのかんの見てるな(笑
来年はもっと遊びに行きたい!(だから金がない・・・)

あ、ライブ参戦履歴が2004年で止まってる!
飽きたんだな(笑
またそのうち。

ということで、1年間お世話になりましたー!
来年もまたよろしくです♪
posted by みずる at 23:12| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

謹賀新年

2008年もすでに5日ですが。

今年もよろしくお願いいたします。
今年こそ倹約の1年にしたい・・・。
posted by みずる at 15:52| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

ご挨拶

今年も後3時間を切りましたね。
2007年、いろんな1年でした。

初の泊つき出張に行ったり。
SOPHIAのライブが濃密だったり。
年末になって一気に出費がかさんだり。
久々に高熱で点滴のお世話になったり。

皆さんはどんな1年だったでしょうか。

同じ時は二度となくて、
嫌でも時間は過ぎて、
それでもこの時を逃げるわけにはいかなくて、
今このときは、明日へ繋がる1日。

だよね、そひあさんv


てことで。



今年1年、お世話になりました。
来年もまた、よろしくお願いいたします。



楽しいこといっぱいあるといいなv
SOPHIAにたくさん会いたいなvv
お芝居もいろいろ観たいなv
本をしっかり読みたいなv
posted by みずる at 21:24| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

いろいろだ

小野不由美氏の「屍鬼」がジャンプスクエアでコミック化
http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/topic-shiki/index.html
やめてくれ。イメージが全然違う。
夏野はあんな子供っぽくないし、恵は絶対ツインテールじゃない。
第一、二人は主役じゃないし。
あの雰囲気を漫画で表すのは厳しいぞ。
文庫になっただけでも雰囲気が変わってしまったもの。
「ゴーストハント」は良かったけどさー。
あ、「図書館戦争」のLaLa版コミック化はまあまあだったな。
柴崎がイメージじゃない。それに、図書館員の制服があんなミニスカートってのがいただけない。小牧はもうちょっと精悍だと思うんだ。もうちょっと、ね。



大阪厚生年金会館が来年9月で廃止になるということで。
署名したのになー(間違って2回も)
大阪ではあの会場が一番好きかもしれん。
寂しいのぉ。
posted by みずる at 20:46| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

島田さん♪

島田荘司氏の講演会に、福山へ行ってきました♪

ばらのまち福山ミステリー文学賞
という新しい賞が制定され、それに関連してふくやま文学館で「島田荘司展U」ってのが開かれてて、それも見て来ました。
堪能したわー。

島田氏は、声がとっても素敵でした。
柔らかで落ち着きがあって深くて、聴いていてとても心地いい。
来年還暦だとは思えないほど若かったし。
講演の内容は、福山ミステリー大賞関連で、「本格」の考察・・・かな?(おい)

先着50名のサイン会整理券には間に合わなかったので、
あらかじめサインを入れてくださっている本を2冊ほど買いました。
「犬坊里美の冒険 」「溺れる人魚」
もったいなくって読めないわ。読むのはまた文庫でいいや。この2冊は保存版v

それにしても、福山ってなんか楽しいね。
割りに近くて小旅行気分になれる。
文学館、歴史博物館、美術館などが、近いところで歩いて回れるし。
モロゾフのソーダファウンテンで飲んだソーダがおいしかった♪
また行きたい。
posted by みずる at 20:35| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

吹奏楽部

知り合いの吹奏楽部定期コンサートに行ってきました。
中学生の時の同級生で吹奏楽部だった友達を無理やり誘って^^;
3年生はこれで引退。
みんなとっても可愛かったー。
頑張ったね。

2曲ほど、OB,OGを交えての演奏があったのだけど、
やっぱり歳を重ねると上手くなるのかな。
音が違ってたね。上手い。
音楽を聴く素敵な耳は、私は持ってないんだけど、
それくらいは判る。
あと、サックスの少年。2年生。一人物凄く上手かった。
将来サックス奏者にならんか?


うーん。
聴いてると、あの中に入りたいって気になるんだなぁ。
posted by みずる at 20:35| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

学校祭も終了

体育館は、暑かった。
暗幕を引くし、窓は閉めるしで風が全く入らない。
蒸されてゆでられて溶けそうでした(汗


でも、そんな暑さも、演劇に見入ってしまえば関係ないんですよね。
そして、3年生の演劇はそれだけの力を持っていました。
去年に比べると、段違いの出来。
実は、彼らに関してはかなり心配でした。
というのも、去年の3年生が、彼らが2年生だった時から優れていたからです。
それに比べると、今の3年生が2年生だった時の演技は、そうでもなかった。

でも、やっぱり3年生は3年生。
物凄く成長して、物凄く素晴らしい芝居を見せてくれました。
校長曰く「これが伝統というものでしょうか」と。
みんな、心配していたみたい(笑
最高学年らしいものが出来るのか、と。

動きは大きいし、声もはっきりしてるし、衣装も大小道具もしっかりしてるし、証明も使い方も舞台の使い方もばっちり。

3年生は、音楽部門のダンスも良かったのでした。
マイケル・ジャクソンのスリラーのプロモを見て考えたという、男子5〜6人のダンスが、一種の雰囲気を持っていて、それがあってこその優秀賞だと。
女の子のダンスも良かったけど、例年の3年生を越えるものではなかったと思う。でも、その男子のダンスは良かったな。

2年生はダンスも良かったけど、まとまりがいまひとつで。
演劇は、ちょっと演出が・・・だったのかな。観客に背中を見せる場面が多くて、ストーリーが掴みにくかった。でも、去年に比べると格段に良くて、来年がとても楽しみです。

1年生はまあ・・・可愛かったけど。
なんか、やる気のなさそうな子が結構見えたというか(爆
普段は頼りなく見える3年生の、イザという時の凄さを感じて来年は頑張って欲しいです。


んで。
1年生の演劇が、「広くて素敵な宇宙じゃないか」だったんですよね。
あれ、難しいよ!
台詞も多いし、まして柿本やヒジカタの気持ちを理解しろといってもなかなか無理な話で。
結局、最後のシーンはカットでも長くて、知らない人はストーリーがわかりにくかったんじゃないかと思う。私はなまじ知っているだけに、余計辛かった^^;
3年以上がするべき劇だと思うけどあれ。


なんにしても、体育祭の時のソーランといい、かっこよかったぞ、3年生!



・・・展示部門は表彰の該当がなかったけど、悪かったというんじゃなくて、点数が僅差で決めるわけに行かなかったのと、ちょっと地味だったのと・・・。
posted by みずる at 23:07| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。