2013年08月09日

2013年8月読了その4(年間42)「鬼談百景」

鬼談百景 (幽BOOKS)
鬼談百景 (幽BOOKS)
posted with amazlet at 13.12.23
小野不由美
メディアファクトリー
売り上げランキング: 15,980


読者から寄せられた怪談を、物語として書き下ろした掌編集。

主上、怖いです〜・・・。ブランコとか。ブランコとか。ブランコとか。
いやそれ以外にも。
切ないのもありましたね。
密林さんでの評価は分かれていますが、私はこういうの結構好き。
ただ、小野不由美のホラー! と思って読むと、ちょっと違う、という気になるかな。
残穢も読むつもりであれば、先にこちらを読むほうが良いかと思います。
残穢がより怖くなるからv
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

2013年8月読了その3(年間41)「図書室のキリギリス」

図書室のキリギリス
図書室のキリギリス
posted with amazlet at 13.12.23
竹内 真
双葉社
売り上げランキング: 295,840


バツイチになったのを機に職探しを始めた詩織は、友人の教師の紹介で、彼女が勤める高校に学校司書として勤務することになた。全く勝手のわからない職場で、奮闘する詩織の日々を描く。

まぁ、出来た子達ばっかりの高校で良かったね、と思ったのが読後の感想そのいち。
帯だったか何かに、ミステリー、とあったのだけれど、どこが? と思ったのがそのに。
気になる記述が多々あったなぁ・・・がそのさん。

教育委員会でなくて、校長・教頭・事務長の3人の面接だけで採用が決まるところもあるのかな、実際に。
私立?
とか、
資格がなくても雇うところは未だあるんだろうな、
とか、
気に入ったフレーズをブログやTwitterに上げてもいい・・・って、いいのか? 出典明記の上でもいいのか? 軽々しく書いていいのか? 
とか。

いろいろありました。
生徒との触れ合いとか、詩織の成長とか、ステキな面もあるんだけれど、どうしてもひっかかるところが多くて、今ひとつ物語に入れなかったのね。

おしいでしょう。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

2013年8月読了その2(年間40)「今朝の春」

今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)
高田 郁
角川春樹事務所
売り上げランキング: 5,496


伊勢屋の美緒に奉公の話が持ち上がり、彼女に包丁指南をすることになった澪。果たして・・・。
など、4話。

久しぶりにこのシリーズ読んだ〜。やっぱり面白い。ページを繰る手が止まらないとはこのことですわ。
時系列に沿った短編なのだけれど、一気に読んでしまいました。
澪が可愛くて可愛くて。幸せになって欲しいキャラですね。
この先、どうなっていくのか楽しみです。
料理は美味しそうだし・・・好き嫌いが多い私でも、食べてみたくなります。
作れないけどw
時代を感じられる表現もいい。女性の書く時代物はいいですね!
野江ちゃんがあさひ太夫となった経緯が明らかになったり、小松原さまへの思いがはっきり見えたり、良い巻です。
posted by みずる at 10:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年8月読了その1(年間39)「茶子の恋と決心」

茶子の恋と決心: S力人情商店街4 (新潮文庫)
令丈 ヒロ子
新潮社 (2013-04-27)
売り上げランキング: 491,725


男子4人の運命を決めなければならない、おリキ様の茶子。悩む茶子の前に現れた男は果たして。
S力人情商店街、完結。

岩崎書店のYA版で3巻まで読んでいたのですが、何故か4巻が読めてなくて。
新潮文庫になったのをきっかけに、やっと読めました^^
流石令上さん。筆力は素晴らしいですね。ページ数が薄いのは、もともと児童書だからで、
児童書の作家さんというのは、短くて平易な文章で書かないといけないので、難しい・・・と聞いたことがあります。大変な筆力がいると。
で。一般で出版されても遜色ないんだから、やはり凄いのだなぁと。

話もきれいに纏まって、茶子の決断もとても素晴らしいものだったと思います。
現実にある商店街もいろいろ大変だと思いますが、元気になるといいなぁ。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

2013年7月読了その5、6(年間37,38)「臨床犯罪学者 火村英生の推理V上下」

臨床犯罪学者・火村英生の推理 ダリの繭(上) (角川ビーンズ文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2013-09-17)
売り上げランキング: 28,272


殺害されたのは、宝石チェーンの社長で有名人。容疑者は、アリスの友人!?

社会学見地からのオタクって・・・・・火村せんせ、オタクは嫌いですか??
とまあそれはともかく。
既読ですが、いろいろ忘れているので面白く読めます。
記憶力が悪いのも、便利なことがありますw
そうか、そんなトリックだったな・・・。

臨床犯罪学者・火村英生の推理 ダリの繭(下) (角川ビーンズ文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2013-10-25)
売り上げランキング: 30,079

posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

2013年7月読了その4(年間36)「はやぶさ 遥かなる帰還」



渡辺謙さん主演で、冬頃映画になったもののノベライズ。
一番現実に即したものだというので、9年振りに映画館に足を運びましたよ。

ちょっとばかり事実と違うところもあったようですが・・・。
宇宙開発って、お金ないのね・・・。
もう一回映画見たいんだけどな。TV・・・は無理かな^^;


posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

2013年7月読了その(年間35)「わたしの家では何も起こらない」

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)
恩田 陸
メディアファクトリー
売り上げランキング: 310,050



小さな丘の上に建つ、古い洋館。幽霊屋敷と噂されるその洋館に住むのは、一人の女性作家。
床下の子供、キッチンで殺し合った姉妹・・・この洋館の記憶が語られる。そして、ラストへと・・・。

怖いようでそうでないような。
現実なような幻想なような。
ふわふわとした足元の定まらない感がまた、いい魅力。
一つ一つの物語は独立しているようでいて、洋館でつながっており、余韻を残してくれます。
じわじわきます。
想定も、これ、ホラー? というような、雑貨的な可愛らしさがあって、いいですね。
あ、読むなら昼間にどうぞ。

2013年07月05日

2013年7月読了その1(年間33)「七つの会議」

七つの会議
七つの会議
posted with amazlet at 13.09.23
池井戸 潤
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 213


成績優秀な営業マンがパワハラで訴えられた。訴えたのは、万年係長でぐうたらの八角という男だった。
しかし、それには裏が−−。
中堅メーカー・東京建電とその取引先を舞台に繰り広げられる生きるための戦い。

企業ものは今まであまり読んだことがなかったのですが。
某リーマンに影響されて読んでしまいました(笑
企業に勤めた経験はないので、空気感とか雰囲気とかはイメージでしか知りませんが、
最後まで誰が黒幕なのかわからず、主役かと思っていた人が違っていたりで、
最後まで楽しく読めました。
いろんなことが伏線で、きちんと回収されていく様が堪らん。

2013年06月27日

2013年6月読了その6(年間32)「楽園のカンヴァス」

楽園のカンヴァス
楽園のカンヴァス
posted with amazlet at 13.09.22
原田 マハ
新潮社
売り上げランキング: 2,635


岡山県倉敷市の大原美術館で、監視員として働いている早川織絵。
アンリ・ルソー展に作品を貸し出す窓口として、彼女に指名が下りる。
彼女を名指ししたのは、MoMAのティム・ブラウン。
過去、彼と織絵は、素朴派の巨匠アンリ・ルソーの大作『夢』とほぼ同じ構図、同じタッチの『夢を見た』ちう作品の真贋を巡って、持ち主の大富豪のもとで戦ったことがあった。

いやもうね、ナニコレ、だね。面白すぎ!!
「ページを繰る手が止まらない」とありましたが、もうその通り!
絵に関する知識は全くないのだけれど、だからこそ余計に面白く読めたんだろうなと。
でーれーガールズ」が今ひとつだったので、手が出しにくかったのだけれど、いやいや、読んでよかったよ。
大富豪が二人に渡して読ませた古書−作中作のようなそれ自体も興味深かったし、
二人の真贋判定がどうなるのか、もう気になって気になって。
ティムの運命もどうなるのか、もう気になって気になって。
一気に読んでしまいました。
それにしても、岡山弁すぎww


posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

2013年6月読了その4,5(年間30,31)「・・・・・絶句(上下)

…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
新井 素子
早川書房
売り上げランキング: 239,042


SF作家志望のもとちゃんこと新井素子。
SFの新人賞に応募するため、読者があまりの面白さに絶句するような物語、ということで、
「絶句」といくタイトルで小説を書いている。
ある日突然、何故かそのキャラクターたちが実体化して・・・!?

懐かしい〜!
あまりの懐かしさに、買って読んでしまいました・・・。
思えば、SFというジャンルをはっきり意識したのも、一人称三人称を理解したのも、
「小説家になりたい」なんて思ったのも、この作品がきっかけ・・・。
いろいろ触発されましたね、あの頃(/ω\*)
いやー、こんな話だったっけ。
大変衝撃を受けたと記憶しております。
こんな文体も、メタな設定も、30年前には目新しかったんだろうなぁ。
しかし、やはり30年(近い)時間は大きい。あの頃とは感慨が全く違う。
時間って、キビシイけど優しいなぁ。
あとがきにもありますが、若さゆえの勢い、みたいなものが溢れていて、
何だか、今読むとほほえましいの。書き下ろされた短編とのギャップも楽しめます。
ああ、高校生作家新井素子、も、もうアラフィフなんだなぁ。。。なんてか。
あ、ライトノベルではないですよ、念のため。
ナサねこさんが忘れられん・・・。

…絶句〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
新井 素子
早川書房
売り上げランキング: 238,321

posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

2013年6月読了その3(年間29)「真夜中のパン屋さん 午前二時の転校生」

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)
大沼 紀子
ポプラ社 (2012-12-05)
売り上げランキング: 6,356


希実の通う高校に、転校生が来た。
腹話術を使い、将来の夢は魔法使いだという、変わった少年。
彼と関わることになった希実は、とんだ事件に巻き込まれる。

まぁ、ご都合主義なところのある作品だとは思うのだけれど。
それでも、つい新刊が出ると読みたくなるのだから、面白いんだな。
今回は2巻よりも事件性が高くて、こだまと父親の関係なんかも出てきて、
更に次の展開を示唆するような出来事と謎が・・・でこの巻終わりですか!!
いいところで・・・。
フルーツサンド、食べたいな・・・w 昼間開かないから行けませんがな。
口の悪い弘基が、ふっと見せる希実への優しさが、いい感じです。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

2013年6月読了その1(年間27)「判決はCMのあとで!」

判決はCMのあとで  ストロベリー・マーキュリー殺人事件
青柳 碧人
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 406,466


裁判がTVで公開されるようになった日本。CBS法廷8なる裁判員出身アイドルグループも登場し、
世間では注目裁判の判決が話題になる。
普通の大学生、悠太は、法学部の彼女を持つとは言え、それほど裁判に関心があるわけではなかった。
しかし、彼のもとに届いた一通の封書が、彼を裁判に関わらせることになる。
日本中が注目する、ビジュアル系ロックバンド「ストロベリー・マーキュリー」のメンバーが殺害された事件の裁判員として。

これ、いい。
現在の日本でも、裁判員裁判は数多く行われているけれど、
私も含めて、自分とは遠い世界の出来事だと思っている人が多いと思う。
この話の主人公、悠太もそのひとりだったのだけれど、裁判員になったことで、
生活が一変し、そりゃあもう大変で・・・。
と書くと、どれだけシリアスなのかと思われそうですが、
いや、話はシリアスなのだけれど、キャラクター造形や語り口(主人公の一人称)、
また、悠太が若い世代だということで、恋と成長も描かれていて、楽しく読めるのです。
そして、不覚にもラスト感動・・・とまではいかないけど、ああ、いいな! と思わされました。
娯楽として読んで、裁判の端っこを知る。
日本国憲法第97条。
知らなかったけど、そういうことなんだね。素敵だな、と。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

2013年5月読了その3(年間25)「ブラスデイズ」

ブラスデイズ
ブラスデイズ
posted with amazlet at 13.09.22
中山 智幸
NHK出版
売り上げランキング: 483,532


高校の吹奏楽部で繰り広げられる、恋と青春の群像劇。
「誰かが死ぬと、金賞が取れる」と言い伝えられている、北倉高校吹奏楽部。
そんな言い伝えを半分信じて半分疑いながら、部員たちはコンクールを目指して練習している。
そんなある日、女子部員が屋上から転落した。

と書くと、推理ものか幽霊ものか、といった雰囲気ですが、青春ものです。
出だしを読んだだけでは、ドライでちょい悪な部員たちの集まりで、
あまり好きなタイプではないかなと思いましたが、そうでもありませんでした。
まぁ、面白く読めましたね。
結局誰が、軸で主役なのか、というのと、キャラクターが判別付きにくい(特に女子)ということはありましたが。ちょっと現実味が薄くなるところもあったりして。
それでも、まあ。
北倉の演奏が聴きたくなります。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

2013年5月読了その2(年間24)「あたしの嫌いな私の声」

あたしの嫌いな私の声
成井 豊
ポプラ社
売り上げランキング: 778,362


自分の声にコンプレックスを持つユーリは、自分の男の子のような声を生かすため、声優になりたいと思っている。
オーディションで役をもらえたユーリだったが、自分と似た声を持つ男と出会い、声を奪われてしまう。
最初のアフレコまで僅かの期間で、彼女は声を取り戻せるのか・・・。

演劇集団キャラメルボックスの座付き脚本家、成井豊氏の作品で、舞台も好き。
舞台と小説なので、いろいろ違うところもありますが、大筋は同じだし、面白かったです。
まぁ、そんなに同じ能力を持つ人がいてたまるか的なところもあるし、
ご都合主義なところもありますが、悪くはないと思いますけども。
昔、漫画版も読みましたが、やっぱり、この作品は舞台が一番いいなあ。
少々乱暴な展開でも、舞台は迫力と役者さんの演技で魅せてくれるから、どんどん引き込まれますしね。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

2013年5月読了その1(年間23)「幻坂」

幻坂 (幽BOOKS)
幻坂 (幽BOOKS)
posted with amazlet at 13.06.16
有栖川有栖
メディアファクトリー
売り上げランキング: 114,203


大阪にある七坂とその周辺を舞台にし幻想怪談集。

「口縄坂」は怖かった・・・猫好きだけど、怖いわ(;゜(エ)゜) アセアセ
後は、「逢坂」が好きです。「真言坂」は切ない・・・。
「源聖寺坂」は面白い。
幽霊が出てきたてただただ驚かされたり怖いだけだったりするホラーとは、
一線を画しています。幻想怪談集だし。いいですねこういうの。
日本の怪談、という感じで。
心霊探偵の濱地さん、シリーズ化しないかな。

とにかく、繊細で言葉選びが秀逸ですね、やはり有栖川氏だ。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

2013年4月読了その5(年間22)「金曜のバカ」

金曜のバカ
金曜のバカ
posted with amazlet at 13.06.16
越谷 オサム
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 460,577


5つの短編集。
恐竜マニアの少年の恋の行方は?
女子校生とストーカーの行き着く先は?
星空を見上げた少年と少女の物語。
彼女と東京に行くことになった少年は果たして。
吹奏楽部をやめた少女を、彼女の視点と飼い犬のゴンの視点で描いた物語。

順番バラバラですが・・・表題作はコミカルで笑いながら読めました。
かと思うと、「星とミルクティー」みたいに綺麗な話もあって。
派手ではないけれど、とても面白みのある短編集でした。
きちんと落としどころで落としてくれるので、読んでいてストレスもないし。
素直に読める作品ばかりで良かったです。たまにはねー。

文庫もあり。
金曜のバカ (角川文庫)
越谷 オサム
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-11-22)
売り上げランキング: 21,673

posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

2013年4月読了その4(年間21)「思い出のとき修理します」

思い出のとき修理します (集英社文庫)
谷 瑞恵
集英社 (2012-09-20)
売り上げランキング: 7,236


子供の頃に少しだけ過ごしたことのある商店街に住むことにした明里。
近所に住む時計屋や、神社の息子と知り合い、さびれた商店街で日々を送る彼女だったが・・・。

もっとファンタジーチックなのかと思ってたら、違ってました。
いや、要素はあるんだけど、ちゃんと一応現実で解決がつくというか、話がまとまってるというか。
派手ではなく、日常のちょっとした出来事で始まり、
明里や時計屋さんの過去がだんだんと明らかになっていく、そんな物語。
割とすんなり読めました。うん。悪くはないな。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

2013年4月読了その3(年間20)「あたしは猫なのね」

あたしは猫なのね 幼年編
嵯峨野 嘉竹
近代文藝社
売り上げランキング: 1,872,905


お日様家にやってきた、超能力を持つ子猫。子猫の目線から見た、社会情勢や人間たちのお話。

んー、ま、可愛いけど。
会話でもなく、猫のセリフの乱立・・・鍵かっこばっかり。
登場人物の書き分けはどうかと思うけど、猫いれても3人だから、まぁ、わかるかな。
普段使わない感じを乱用しているのはいまひとつ。
普通の「小説」ではないけど、猫可愛くて可愛くて。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

2013年4月読了その1,2(年間18,19)「こめぐら」「なぎなた」

こめぐら (倉知淳作品集)
倉知 淳
東京創元社
売り上げランキング: 299,725


著者のノンシリーズ短編をまとめて2冊として発行した本。
ボーナストラックで猫丸先輩ありv
猫丸先輩は「こめぐら(4/7読了)」に収録。こっちは色物(?)が多かったですねw
「犯人(獣?)当て・非本格推理童話 どうぶつの森殺人(獣?)事」・・・件人ではなく動物が擬人化されて謎解きしてたり、
「Aカップの男たち」・・・妙な男たちの集まりがあったり・・・。
「さむらい探偵血風録 風雲立志編」・・・おかしかった!

「なぎなた(4/15読了)」はシリアスな感じものもが多かったです。
「運命の銀輪」・・・倒叙ものはあまり得意ではないのだけれど、これは面白かった!
「ナイフの三」・・・シリーズにして欲しいです、是非。
でも、なかなか出ないからな^^;
「幻の銃弾」・・・あちらものっぽくて面白かったです。さすが、うまいなぁ。

他もいろいろ、それぞれの作品が全て違う毛色で、楽しめました。

ま、何が一番印象に残っているかというと、
「ねこちやん」
なんですけどね(え)

なぎなた (倉知淳作品集)
倉知 淳
東京創元社
売り上げランキング: 303,722

posted by みずる at 00:00| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

2013年3月読了その5(年間17)「探偵 日暮旅人の探し物」

探偵・日暮旅人の探し物 (メディアワークス文庫)
山口 幸三郎
アスキーメディアワークス (2010-09-25)
売り上げランキング: 7,582


目には見えないモノが視えるかわりに、視力以外の感覚を持たない探偵、日暮旅人。
彼の娘が通う保育園の保育士、陽子は、子供の頃から大切にしていたキーホルダーをなくしてしまった。
そこから、旅人と関わっていくことになる・・・・・・。

探偵、という文字に騙されたー、みたいな。
一篇一篇は面白くて、ついつい読み進んでしまうんだけど、
ひとつの話を読み終えると、別に急いで次を読まなくても、という気になる。
女の子が可愛くないんだよね・・・・・・。
陽子も灯衣も。和代さんも・・・・・・。
雪路は可愛いな。あ、女じゃないなww
旅人の探し物が気にならないというと嘘になるけど、
あんまり2巻を読もうという気にもならない・・・。
どっちでもいいや、って感じで。
第一話の椅子の話はとっても良かったんだけどな。
旅人がただの優しいだけの男じゃないのは、大体最初から想像がつくし、
陽子との過去も大きく関わってくるのもわかるし、
これからいろいろ絡んできて面白くなるだろうというのも、
確かなんだろうけど。
心温まる話? であってくれればいいですね。
私はあんまり暖まらなかった。
なんでだろう。


ちなみに、「ひぐらし」じゃなくて「ひぐれ」だと思っていた^^;
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。