2013年06月19日

2013年6月読了その4,5(年間30,31)「・・・・・絶句(上下)

…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
新井 素子
早川書房
売り上げランキング: 239,042


SF作家志望のもとちゃんこと新井素子。
SFの新人賞に応募するため、読者があまりの面白さに絶句するような物語、ということで、
「絶句」といくタイトルで小説を書いている。
ある日突然、何故かそのキャラクターたちが実体化して・・・!?

懐かしい〜!
あまりの懐かしさに、買って読んでしまいました・・・。
思えば、SFというジャンルをはっきり意識したのも、一人称三人称を理解したのも、
「小説家になりたい」なんて思ったのも、この作品がきっかけ・・・。
いろいろ触発されましたね、あの頃(/ω\*)
いやー、こんな話だったっけ。
大変衝撃を受けたと記憶しております。
こんな文体も、メタな設定も、30年前には目新しかったんだろうなぁ。
しかし、やはり30年(近い)時間は大きい。あの頃とは感慨が全く違う。
時間って、キビシイけど優しいなぁ。
あとがきにもありますが、若さゆえの勢い、みたいなものが溢れていて、
何だか、今読むとほほえましいの。書き下ろされた短編とのギャップも楽しめます。
ああ、高校生作家新井素子、も、もうアラフィフなんだなぁ。。。なんてか。
あ、ライトノベルではないですよ、念のため。
ナサねこさんが忘れられん・・・。

…絶句〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
新井 素子
早川書房
売り上げランキング: 238,321

posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

2013年6月読了その3(年間29)「真夜中のパン屋さん 午前二時の転校生」

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)
大沼 紀子
ポプラ社 (2012-12-05)
売り上げランキング: 6,356


希実の通う高校に、転校生が来た。
腹話術を使い、将来の夢は魔法使いだという、変わった少年。
彼と関わることになった希実は、とんだ事件に巻き込まれる。

まぁ、ご都合主義なところのある作品だとは思うのだけれど。
それでも、つい新刊が出ると読みたくなるのだから、面白いんだな。
今回は2巻よりも事件性が高くて、こだまと父親の関係なんかも出てきて、
更に次の展開を示唆するような出来事と謎が・・・でこの巻終わりですか!!
いいところで・・・。
フルーツサンド、食べたいな・・・w 昼間開かないから行けませんがな。
口の悪い弘基が、ふっと見せる希実への優しさが、いい感じです。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

2013年6月読了その2(年間28)「天山の巫女ソニン 江南外伝」

天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子
菅野 雪虫
講談社
売り上げランキング: 244,434


「海竜紹介」の有力者、サヴァンを叔父に持つクワン。
江南の美しい湾のもと、何不自由なく過ごしていた彼だったが、ある日、
行ってはいけないと言われていた都へこっそりと出向き、いつもつけているアクセサリーを落としてしまう。
その数日後、海に毒が流され、解散物が死滅する事件が起こり、クワンは陰謀に巻き込まれていく。

江南キタ━(゚∀゚)━!
前の外伝が巨山だったから、江南もあるはず! と思ってはいたけれど、嬉しいな♪
クワンがどうしてあれだけの人物になったのか、生い立ちがしっかり書かれていて、
ますます好感度が上がっちゃうね! 苦労人だなぁ・・・。
でも、いい人物に恵まれてる。それはクワンの為人によるんだけど・・・。
人財とはよく言った。
このあと、本編に続く、と。もう一回読み直したくなりますね。
本編一巻、文庫が出たなそういえば・・・。

天山の巫女ソニン(1) 黄金の燕 (講談社文庫)
菅野 雪虫
講談社 (2013-09-13)
売り上げランキング: 187,510

posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーYA・児童書・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

2013年6月読了その1(年間27)「判決はCMのあとで!」

判決はCMのあとで  ストロベリー・マーキュリー殺人事件
青柳 碧人
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 406,466


裁判がTVで公開されるようになった日本。CBS法廷8なる裁判員出身アイドルグループも登場し、
世間では注目裁判の判決が話題になる。
普通の大学生、悠太は、法学部の彼女を持つとは言え、それほど裁判に関心があるわけではなかった。
しかし、彼のもとに届いた一通の封書が、彼を裁判に関わらせることになる。
日本中が注目する、ビジュアル系ロックバンド「ストロベリー・マーキュリー」のメンバーが殺害された事件の裁判員として。

これ、いい。
現在の日本でも、裁判員裁判は数多く行われているけれど、
私も含めて、自分とは遠い世界の出来事だと思っている人が多いと思う。
この話の主人公、悠太もそのひとりだったのだけれど、裁判員になったことで、
生活が一変し、そりゃあもう大変で・・・。
と書くと、どれだけシリアスなのかと思われそうですが、
いや、話はシリアスなのだけれど、キャラクター造形や語り口(主人公の一人称)、
また、悠太が若い世代だということで、恋と成長も描かれていて、楽しく読めるのです。
そして、不覚にもラスト感動・・・とまではいかないけど、ああ、いいな! と思わされました。
娯楽として読んで、裁判の端っこを知る。
日本国憲法第97条。
知らなかったけど、そういうことなんだね。素敵だな、と。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

2013年5月読了その4(年間26)「全裸男と柴犬男」



マンションに帰宅した智宏が見たものは、そこにいるはずのない若い男だった。しかも、全裸で。
霊感0なのに、警視庁超常現象対策部署−通称遊撃捜査班−に異動になった智宏。
そこは個性豊かなメンバーで構成されており、その中には全裸男が−もちろん服を着て−いた。
遊撃捜査班に持ち込まれる事件は、奇妙なものばかりで・・・。

香月氏の作品の中でも、結構好きな部類に入るかも。
なんてったって警視庁だしね。ホワイトハートなので、てらいのないくすぐったいような、
もうある程度年齢を重ねた者にとっては背中が痒くなるような、これぞ若者! といった記述が、
あまり出てこないことを祈ります・・・。
や、それが嫌いなわけじゃないのだけど、真っ直ぐ過ぎてひねくれものには辛いのよ。
相変わらず、香月ワールドを見せてくれます。某作品とあの人で繋がってますね。
表紙だけ見て、BLかと言われましたが、違うのよ。
続きが楽しみです。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ーライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

2013年5月読了その3(年間25)「ブラスデイズ」

ブラスデイズ
ブラスデイズ
posted with amazlet at 13.09.22
中山 智幸
NHK出版
売り上げランキング: 483,532


高校の吹奏楽部で繰り広げられる、恋と青春の群像劇。
「誰かが死ぬと、金賞が取れる」と言い伝えられている、北倉高校吹奏楽部。
そんな言い伝えを半分信じて半分疑いながら、部員たちはコンクールを目指して練習している。
そんなある日、女子部員が屋上から転落した。

と書くと、推理ものか幽霊ものか、といった雰囲気ですが、青春ものです。
出だしを読んだだけでは、ドライでちょい悪な部員たちの集まりで、
あまり好きなタイプではないかなと思いましたが、そうでもありませんでした。
まぁ、面白く読めましたね。
結局誰が、軸で主役なのか、というのと、キャラクターが判別付きにくい(特に女子)ということはありましたが。ちょっと現実味が薄くなるところもあったりして。
それでも、まあ。
北倉の演奏が聴きたくなります。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

2013年5月読了その2(年間24)「あたしの嫌いな私の声」

あたしの嫌いな私の声
成井 豊
ポプラ社
売り上げランキング: 778,362


自分の声にコンプレックスを持つユーリは、自分の男の子のような声を生かすため、声優になりたいと思っている。
オーディションで役をもらえたユーリだったが、自分と似た声を持つ男と出会い、声を奪われてしまう。
最初のアフレコまで僅かの期間で、彼女は声を取り戻せるのか・・・。

演劇集団キャラメルボックスの座付き脚本家、成井豊氏の作品で、舞台も好き。
舞台と小説なので、いろいろ違うところもありますが、大筋は同じだし、面白かったです。
まぁ、そんなに同じ能力を持つ人がいてたまるか的なところもあるし、
ご都合主義なところもありますが、悪くはないと思いますけども。
昔、漫画版も読みましたが、やっぱり、この作品は舞台が一番いいなあ。
少々乱暴な展開でも、舞台は迫力と役者さんの演技で魅せてくれるから、どんどん引き込まれますしね。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

2013年5月読了その1(年間23)「幻坂」

幻坂 (幽BOOKS)
幻坂 (幽BOOKS)
posted with amazlet at 13.06.16
有栖川有栖
メディアファクトリー
売り上げランキング: 114,203


大阪にある七坂とその周辺を舞台にし幻想怪談集。

「口縄坂」は怖かった・・・猫好きだけど、怖いわ(;゜(エ)゜) アセアセ
後は、「逢坂」が好きです。「真言坂」は切ない・・・。
「源聖寺坂」は面白い。
幽霊が出てきたてただただ驚かされたり怖いだけだったりするホラーとは、
一線を画しています。幻想怪談集だし。いいですねこういうの。
日本の怪談、という感じで。
心霊探偵の濱地さん、シリーズ化しないかな。

とにかく、繊細で言葉選びが秀逸ですね、やはり有栖川氏だ。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

2013年4月読了その5(年間22)「金曜のバカ」

金曜のバカ
金曜のバカ
posted with amazlet at 13.06.16
越谷 オサム
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 460,577


5つの短編集。
恐竜マニアの少年の恋の行方は?
女子校生とストーカーの行き着く先は?
星空を見上げた少年と少女の物語。
彼女と東京に行くことになった少年は果たして。
吹奏楽部をやめた少女を、彼女の視点と飼い犬のゴンの視点で描いた物語。

順番バラバラですが・・・表題作はコミカルで笑いながら読めました。
かと思うと、「星とミルクティー」みたいに綺麗な話もあって。
派手ではないけれど、とても面白みのある短編集でした。
きちんと落としどころで落としてくれるので、読んでいてストレスもないし。
素直に読める作品ばかりで良かったです。たまにはねー。

文庫もあり。
金曜のバカ (角川文庫)
越谷 オサム
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-11-22)
売り上げランキング: 21,673

posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

2013年4月読了その4(年間21)「思い出のとき修理します」

思い出のとき修理します (集英社文庫)
谷 瑞恵
集英社 (2012-09-20)
売り上げランキング: 7,236


子供の頃に少しだけ過ごしたことのある商店街に住むことにした明里。
近所に住む時計屋や、神社の息子と知り合い、さびれた商店街で日々を送る彼女だったが・・・。

もっとファンタジーチックなのかと思ってたら、違ってました。
いや、要素はあるんだけど、ちゃんと一応現実で解決がつくというか、話がまとまってるというか。
派手ではなく、日常のちょっとした出来事で始まり、
明里や時計屋さんの過去がだんだんと明らかになっていく、そんな物語。
割とすんなり読めました。うん。悪くはないな。
posted by みずる at 00:00| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ー一般小説(含ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。